香る、香るニオイバンマツリの花


私の住んでいる屋久島南部の恋泊地域の県道沿いが香り始めました。この近くを通ると、風に乗って臭いが入ってきます。ニオイバンマツリが県道沿いに植えられていて、それが開花し始めたからです。名前の通り香りの強い花です。
県道沿いの花はまだ咲き始めたばかりでチラホラです。それでも香りはかなりのもの、花の悪い私でも直ぐに感じます。
画像

画像







1ヶ所少し高い木になっているものがあり、ご覧の通りよく咲いていました。強烈な臭いでむせ返るほどです。
画像







この花の面白いところは、咲き始めは紫色でだんだんと白い色に変化していくところです。それで写真のように紫と白が入り交じった状態になり美しさを増します。
画像






車に乗っていても窓を開けると香りが車内に入ってきます。車の中で嗅ぐ香り位がちょうど良いですかね。そばに行って嗅ぐとちょっと強烈です。まあ、悪い香りではないのですが、余りに強すぎるのも・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2014年04月09日 20:58
今晩は。そんなに強烈なのですか?一度嗅いでみたいですね。そうならば、案外香水があったりして--(笑)
nenek
2014年04月09日 21:05
こんばんは
白と紫がキレイな花ですね。
どんな香りなんでしょう?興味ありますね(^_^)ノ
キンモクセイなんかも遠くからも香ってきますよね。
また違う香りなのかなぁ~




屋久島ジージ
2014年04月10日 06:26
いや~かなり臭いますよ、行き当たりばったりさん。香水はどうでしょうか。いずれにしても家の中では無理でしょうね。
屋久島ジージ
2014年04月10日 06:29
キンモクセイのような上品?な香りではありませんよ、nenekさん。何と言ったら良いか、昔かいだ白粉花を強烈にしたような臭いかな?