赤みを帯びてきたドラゴンフルーツ


家の西側に生ったドラゴンフルーツ、最初に結実した実が少し赤くなり始めました。実が出来てから1ヶ月ほどだろうか、思っていたより早く熟しそうだ。
先ッポの方から赤くなるようだ。
画像

画像





次に実った双子の実も順調に育っているようだが、やはり双子なので大きくなれない。
画像





ただし、その次に出来たやはり双子の実は残念ながら腐って落ちてしまっていた。雨が続いたので幹?ごと腐ってしまったようだ。残念!
画像






それを払拭するかのように新しい花芽が付いていた。これは双子ではないのできっと上手く育つのではないかな。
画像






双子の実といえば東側の垣根に絡ませてある黄色のドラゴンフルーツも双子であったが、見たらいつの間にか一つになっていた。片方は落ちてしまったようだ。まあこの方が上手く育つかもしれない。こちらの実は刺がいっぱい付いているので要注意だ。
画像

画像





我が家は素人なのでドラゴンフルーツを大量に作ことは出来ない。しかし、1個でも2個でも自分の家で出来た実は美味しく感じるのは不思議だな。あとどれくらい経てば食べられるようになるだろうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

2014年09月19日 07:44
おはようございます。自家用にドラゴンフル-ツを作っている---というか、たまたま咲いた花が実を作る。
これほどのお得な栽培はないのでは
嬉しいですね。確かに熟してくれるのが、待ち遠しい。
屋久島ジージ
2014年09月19日 10:31
ここまで来れば赤くなるのは時間の問題でしょう。近々真っ赤になったドラゴンフルーツをお見せする事ができると思いますよ、行き当たりばったりさん(^^)
大阪の屋久島好き
2014年09月19日 11:59
沖縄ではコウモリが受粉の役目を果たしていtんですよ。
民宿の庭先に沢山のドラゴンフルーツの花が夜咲き始めていて、コウモリがいたんですよ。

屋久島とは、コウモリの種類が違うのかもですね。
それにこの民宿に10日ほどいた時に、ヤモリのけたたましい声をきいたんですよ。
ビックリして、オーナーに聞いたら、ヤモリの鳴き声だというのです。これも、ヤモリの種類が違うかもしれませんね。

月下美人もコウモリが受粉の役目を果たすと聞いたですよ。
屋久島ジージ
2014年09月19日 13:46
へーっ、それはビックリですね、大阪の屋久島好きさん。屋久島にもコウモリはいるのでしょうが、見かけたことはありません。それに我が家にもヤモリが居着いていますが、声は聞こえません。
沖縄に行って見てみたいですね(^^)
nenek
2014年09月19日 18:51
こんばんは
貴重なドラゴンフルーツですね(^^)/
落ちてしまっているドラゴンフルーツはなんか可哀想ですね。
自分家に実った果物は格別でしょう。
まだまだ何か実りそうでブログが楽しみです(^^)v
屋久島ジージ
2014年09月20日 06:41
いやいや、そんなにはありませんよnenekさん(笑)
確かに自分の家で育った果実は格別な味がします。