日帰り手術を受ける


以前から顳かみのやや上に黒い黒子状のシミがありました。それがだんだん大きくなってきて、2番目の孫のりのはかなり気にしていました。最近その大きさが顕著になってきたので、形成外科の医師(女医さん)に観てもらったところ「切りましょう」ということになりました。病名?は脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)という難しい名前でした。
切ると言っても場所が場所だけにちょっと怖かったのですが、この女医さんは何のためらいもなく決定してしまいました。要するに手術して取り除くということです。
簡単とはいえ手術なので気持ち的には不安を抱えて病院に行きました。すぐに、点滴室に入れられ、ベッドに寝かされて点滴が始まりました。周りをカーテンで囲まれて小一時間ほどここで点滴したのはこの後その点滴の管から麻酔を入れると言う事なのです。
誰もいなかったので片手でカメラを使いました。
点滴している自分の左腕です。
画像





点滴液の入った袋を吊り下げる棒、キャスター付きなので点滴をしたまま転がしてトイレにも行けます。
画像

画像




寝かされているベッド、如何にも病院用ですね(笑)
画像




1時間後点滴室を出て2階の手術室へ移動、簡単な手術なのですが、執刀医(前述の女医さん)のほか2名の看護師さん手伝っていました。
直ぐに点滴の管から麻酔薬が入れられたらしく私は完全に意識を失うことに・・・。
30分後目が覚めたとき手術は終わり部位にガーゼと絆創膏が貼られているときでした。
痛さは全く感じず、いつの間にか終わったという感じです。
傷口は小さいはずなのに顔面の右半分がまだガーゼで覆われた状態です。化膿止の抗生物質を1週間分もらってきました。3日ほどはこのままの状態で風呂にも入るなということです。寒いのに大好きな温泉に入れずちょっとイライラ状態です。
脂漏性角化症とは皮膚にできたシミが紫外線などで大きく膨らんだ状態らしいです。屋久島の紫外線は半端じゃないですから、年を取る老人性のとシミが脂漏性角化症となるのかも知れませんね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

nenek
2015年02月13日 20:30
こんばんは
大変な事だったのですね。
簡単な手術で良かったですね。
かの有名な徳州会病院ですか。
初めて徳州会病院を見た時『大きくて豪華なホテルやなぁ』と思いました。
病院だったのですね(^^;)
主人もお世話にならないといけないですものね(^^)v
2015年02月13日 22:34
今晩は。お疲れ様でした。痛みがなくて良かったです。あれこれ体の手入れをしながら、生活していくことになりますね。早め早めに処置をされてるようで--
屋久島ジージ
2015年02月14日 06:18
はい、そうですよnenekさん。
ここの歯科は人気があって大変混み合っています。また、今回お世話になった形成外科も人気です。いずれも女医さんということが共通しているのは面白いですね。
屋久島ジージ
2015年02月14日 06:20
特に切除しなくても生活に支障はなかったのですが、だんだん大きくなるのが気になっていましたので思い切りましたよ、行き当たりばったりさん。
あっという間に終わりました。