シャリンバイの当たり年


今年の屋久島はシャリンバイの当たり年かもしれない。と言うのも、ご近所の垣根や周辺の雑木林の中などにあるシャリンバイが全て大量の花を咲かせたからだ。こんなにいっぱいの花を咲かせたシャリンバイは初めて見たと言っていいでしょう。
この写真は散歩道に立っている大きなシャリンバイの木、満開を既に過ぎているが、花が朝日を浴びて美しく輝いている。
画像

画像




こちらは近くの雑木林で咲き乱れていたシャリンバイ。
画像

画像

画像





これは尾之間役場支所の駐車場近くに咲いていたシャリンバイ、いずれも例年より多く咲いている。後ろにそびえるユスラヤシの木が南国らしさを演出している。
画像

画像




どうして今年だけこんなにシャリンバイが乱れ咲いたのだろうか。不思議である。きっと去年の台風の影響もあってのことだろうと想像はするが、本当のことは分からない。
その代わり、いつもは可愛い花を沢山咲かせるエゴの木だが、今年の花の量は以上に少ないのだ。ある植物には都合が良いが別の植物には良くないと言う気候の変化があったのだろう。

この記事へのコメント

2015年04月29日 06:54
おはようございます。
シャリンバイ、我が家にもありますが丈80センチ位。
こんな大木、あるのですね。
満開のシャリンバイ、なるほどすごいです。
屋久島ジージ
2015年04月29日 09:09
そうですね、屋久島のシャリンバイはどんどん大きくなるんですよ、行き当たりばったりさん。どうやら今年の屋久島はシャリンバイの当たり年らしいです。その分エゴの花が少ないです。