清流


屋久島には大小合わせると無数と言っていいほどの川があります。そして大きめの川は大概集落と集落の区切りになっています。
また、小さな川の中には雨が降った時だけ水が流れるような小さいものもあります。滝もまた同じで常時水の落ちている滝と大雨が降ったときに山肌に現れる滝?があります。
私の散歩道にもいくつかの川がありますが、その時々によって水量が変わります。
この清流もそんな川の中の一つです。
画像




屋久島の小さな川はこのように流れが急な清流が多いのです。そして、数百メートルで海に流れ出ています。流れが急な為におそらく魚は住んでいないと思います。いたとしても、岩にしがみ付いて生息するハゼのような魚でしょうね。
画像




暑い日でもここを通りかかると支流で冷却された風で心地よくなります。夏の散歩でホッと一息つける場所ですね。
画像



暖かくなってきて少し水が温んだような気もしますが、清流なので真夏でもとっても冷たい水です。
道路が整備されていなかったその昔は川を渡らないと隣の集落に入れなかった場所もあったとか聞きます。昔は大変だったでしょうね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2015年05月20日 07:38
おはようございます。
現れたり、消えたりする川がある屋久島。恐るべし!
雨水が地面に染みこむことが、ほとんど無いということでしたね。
屋久島ジージ
2015年05月20日 14:21
行き当たりばったりさんのおっしゃる通りですね。屋久島は岩の島なので表土が非常に薄いのです。雨水がしみ込む余裕がないので山に降った雨は一気に海まで流れ落ちてくるのです。