屋久島の山芋畑


私が散歩する途中にはいくつか畑があります。大体はカライモ(薩摩芋)、ウコン、ジャガイモや里芋が多いのですが、中に山芋の畑がありました。
畑は同じ作物を連作せず、毎年植えるものを変えているので、時々この山芋を植えることがあります。
畑には黒いシートが掛けられ、真ん中に穴が開けられそこに竹竿が差さっています。その竹竿に山芋の蔓が巻き付いて伸びてきます。
一列当たり100本程度それが100列以上ありますから有に10,000本以上の竹竿が必要ですね。
画像

画像




近くに余った竹竿が放置されていました。近くには竹林がありますから竹竿はいくらでも手に入るようです。
画像





すでに蔓は伸びてきていて竹竿に絡みついていました。
画像

画像




隣にはまだ竹竿の差さっていない畑がありました。これから差すのでしょうか。もの凄く大変な作業ですね。
画像

画像




屋久島には屋久トロと呼ばれる山芋があり、粘りが強く美味しい山芋です。いわゆる長い芋ではなく丸っこい蒟蒻芋のような形をしています。この畑の山芋が屋久トロかどうかは分かりませんが、山芋は大好物です。麦飯にすった山芋を出汁で割ってぶっかけて食べるのが最高です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2015年06月09日 08:15
おはようございます。
すごい棒の数
これがみんなヤマイモ---。
労働も大変ですね。
美味しく食べられるのも、こうしてつくられているからですね。粘り気が強いのですかぁ
屋久島ジージ
2015年06月09日 09:34
もの凄い量ですね。労働力は半端じゃありませんよね。
山芋で美味しいのは何と言っても自然薯ですよね、行き当たりばったりさん。屋久島にも自然薯はありますが、自然の中にある自然薯を掘り起こすのはそれこそ至難の業です。