綺麗な花に虫の幼虫が


家の東側の斜面で1輪だけだが豪華に見える花が咲いていた。何の花だろうか、よく分からない。
ボタンかシャクヤクの花に似ていると思ったが、かあさんに聞いたらこれはムクゲだと言われた。
一瞬白く見えたが花だが薄いピンク色である。
画像

画像



もう1輪直に咲きそうだ。
画像



さらに固い蕾もつけていたからしばらくは咲いてくれそうだ。
画像



そんなムクゲの木に毛虫というかイモムシがいた。いや、イモムシにしては体が細すぎる。どぎつい色で長さは5cmほどもあろうか。蝶々か蛾の幼虫であろう。
画像

画像



葉っぱもこのように食べられている。
画像



折角咲いたムクゲの花が食べられたら可哀想なのでこの後この虫は駆除した。
ちなみにムクゲは木槿と書くらしい。
美女と野獣じゃないけれどムクゲにイモムシ。何のこっちゃ(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

2015年07月12日 09:59
おはようございます。
ムクゲのイモムシ---いい組み合わせです。
我が家でもモッコウバラの下に、沢山の黒い糞塊が落ちていて、蛾の幼虫が潜んでいます。
今はモッコウバラ、咲いていませんから、自由に食べさせています
「幼虫図鑑(ルリタテハの幼虫が写ってる)」で見ましたが、収録数が多く見つかりませんでした。
好きで、時々見ています
屋久島ジージ
2015年07月12日 10:52
モッコウバラの葉っぱ、自由に食べさせているなんて良いですね~、行き当たりばったりさん。幸せな蛾の幼虫です。我が家なら間違いなく駆除されていますよ(笑)