サンシェード(日除け)の活躍季節


完全に夏になった屋久島、日中の紫外線の量はもの凄い。私は10年間の蓄積でもうすっかり肌が焦げ茶色になってしまったが、慣れていない人がいきなり屋久島の紫外線を浴び続けると肌を痛めてしまうから要注意だ。
もうじき孫たちも屋久島にやって来るので、ウッドデッキのサンシェード(日除け)を広げることにした。ほぼ1年ぶりである。サンシェード自身すっかり紫外線にやられて色が褪せてしまっている。まだ購入してから2年ほどなのにこの有様だ。とくに両サイドのものが色褪せている。
画像

画像




色は褪せてもちゃんと日除けの役にはたっている。一応紫外線もカット出来ることになっているのだが果たしてどうか。
画像

画像




3つのサンシェードで南側のウッドデッキ全体をカバーしている。見た目は悪いが役にはたっているのだ。
画像



このサンシェードをしただけで居間の温度がかなり下がったように感じる。エアコンの効きも俄然上がった。これにより電気代も節約となるはずだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

2015年08月02日 10:55
おはようございます。
なるほど、こうやって太陽光・紫外線を避けるわけですね。日向と日陰では、影響がかなりの差になります。
気温まで下がるとは、いいアイデアです
今日も福島は、ギンギンの真夏日です。
屋久島ジージ
2015年08月02日 12:23
そうです、室内ではかなり涼しくなりますよ、行き当たりばったりさん。我が家のサンシェードは1年中付けたままで幌だけを巻いて縛ってありますので、夏にはただ広げるだけでOKです。ただ、金属部分はどうしても錆びてきますから時々油をさした方が長持ちします。