早くもポインセチアが赤くなった


今年は何でも早いような気がする。ツワブキが既に咲いているが、今度はポインセチアである。ポインセチアといえばクリスマスのイメージがあり、都会では園芸種で鉢で大事に育てられたものがクリスマスの時期に合わせて赤くなるようにしているが、屋久島のポインセチアは露地植えであり自然気候によって赤くなるのである。
そのポインセチアが既に赤くなっているのを麦生(ムギオ)集落の辺りで見たので写真に撮ってきました。
画像



まだまだこれからも赤くなりそうだが、これでも立派にポインセチアではないか。
画像

画像



ここ麦生から高平にかけては多くのポインセチアが植えられており、赤くなると観光客などが車を止めて写真を撮ったりする観光スポットにもなっています。
画像

画像



それにしても鮮やかな赤ですね。接写してみましたのでじっくりと観て下さい。
画像

画像

(08079)



我が家のポインセチアはたった1本ですがまだ赤くなっていません。
麦生や高平の気候は余程ポインセチアに向いているのでしょうかね。
平内にも高さ4mほどのポインセチアの大木がありましたが、最近は見ていません。どうなっているのでしょうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

驚いた
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2015年11月26日 08:14
おはようございます。
小ぶりな鉢植えのポインセチアとちがって、露地植えのもの、屋久島のもの---驚きの大きさです。
本来はこうなんでしょうが--。
屋久島の名物の一つ--
屋久島ジージ
2015年11月26日 08:25
私も10年前に屋久島に移住してから初めてこんな大きなポインセチアがあることを知ってビックリしたものです。
今年の色付きは良さそうです。