幸志郎帰る


年末年始を屋久島で過ごした孫の幸志郎が東京に帰っていきました。
少ない日数でしたがその行動を見ていると明らかに成長の兆しが見えて嬉しかったです。
ちょっと前まではうまくいかない事や気に入らない事があると直ぐにベソをかき泣いていたのですが、それがかなり少なくなってきて男の子らしくなってきました。そして、言葉のバリエーションがとっても増えたことです。その結果喋る言葉のボキャブラリーが豊富になり、時にはビックリするような言葉を使ったりするようになりました。ただ、本人がその言葉の意味を理解しているかはちょっと疑問ですがね(笑)
屋久島空港でお別れの挨拶をし、搭乗手続きをして中に入る幸志郎、もうすっかり男の子になりました。
画像

画像

画像



来たときはいの一番に降りてきた幸志郎、帰りは最後に搭乗していった。
飛行機も慣れたものだ。
画像

画像



今年の4月には小学校に入学する幸志郎、心配な時期もあったが少しずつ男の子らしくなってきています。
私が次に会うのは夏休み、またどれだけ成長した姿を見せてくれるだろうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
かわいい

この記事へのコメント

2016年01月07日 08:07
おはようございます。
男の子、活発ですね。何にでも興味を持つ年頃。
さらにさらにたくましくなるでしょう。半年は長いですが、さらにビックリするかも--
屋久島ジージ
2016年01月07日 10:03
子供は元気が一番ですね。幸志郎もだんだん男の子らしくなってきました。夏に会うのが今から楽しみですよ、行き当たりばったりさん。