幸志郎、島の子と冒険


孫の幸志郎が屋久島にいたときの思い出です。
大人たちがピザ・パーティーに興じているとき子供達は近くの川で水遊びをしていました。もちろん「パカラのとーさん」が面倒を見てくれました。
怖がりの幸志郎ですが、屋久島の子供と一緒だったので自然と水に入ったようです。
こんなジャングルみたいな所をかき分けて水に入らなければなりません。よく幸志郎が入ったなと思います。
画像

画像

画像



これ島の子、すっかり日焼けして逞しいですね。
画像

画像



こっちは幸志郎、「パカラのとーさん」がロープを使って助けを出しています。
画像

画像



子供同士で遊ぶとやっぱり楽しそうですね(^^)
日焼けの違いで屋久島の子か外から来た子か一目瞭然です。
画像


画像


いくらか逞しくなった幸志郎だが島の子に比べるとまだまだですね。
来年はもっともっと逞しくなって帰ってきて欲しいものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2016年08月13日 11:10
おはようございます。
パーティの合間の水遊び。本土とはスケールが違いますこうしてたくましくなっていくんですね
食べて遊んで---たくましくならないはずがありません
屋久島ジージ
2016年08月14日 07:07
こういう自然の中で育つと子供は逞しくなりますよね、行き当たりばったりさん。
何回も屋久島にやって来ている幸志郎にも逞しくなって欲しいと思っています。