モリンガの成長


春先に種を脱脂綿に浸して発芽させその後植木鉢で高さ30cmほどに成長させたモリンガ、東側に置いてあるのですが上手く育っていません。それどころかだんだん弱弱しくなり枯れそうです。屋久島で他にもモリンガを育てている人がいてその方も30cmくらいしか育たないとのこと、やはり難しいのかなと半分諦めかけたのですが、その後別の種を植木鉢に直接撒いたものを西側に置いておいたらこれが何となんと40cm以上に伸びてきました。やはり暖かくというか暑くなってから種を植えたのが功を奏したのでしょうか。それとも西側に置いたのが良かったのでしょうか。
まずは東側の植木鉢のモリンガはこんな状態です。幹の上のほうは折れてしまい弱っています。葉っぱも小さくこれ以上の成長は望めそうもありません。
画像

画像

画像



一方西側のプランターで他の植物(四角豆など)と一緒に植えてあるモリンガは数ヶ月も遅く撒いたのですがこんなに元気で葉も大きくいっぱい茂っています。
これぞモリンガ(笑)
画像

画像

画像



幹も東側のものと比べると太くてしっかりしています。これはまだまだ期待できますね。
画像

画像



モリンガは葉っぱも枝も食べられるそうです。東側のものは葉っぱが小さすぎて食べられませんでしたが、
画像


この東側のモリンガの葉っぱを少し採ってサラダに入れて食べてみました。特別な味はありませんというか苦味やえぐ味がないので食しやすいです。
モリンガは成長すると高さ4~5mの大木になると書いてありました。まさかそこまでは難しいでしょうけど、このまま順調に成長してくれたら1mくらいにはなるかもしれません。ちょっと期待しています。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2016年08月29日 08:00
おはようございます。
食べられる木、モリンガ。
なにが功を奏するかわかりませんね。
いろいろ条件を変えて、場所も変えて--うまく育つといいですね。
屋久島ジージ
2016年08月29日 09:04
後からそれも適当に撒いた種から育った苗のほうが丈夫だなんて面白いですね。人間も過保護な子供はひ弱ですから植物もきっとそうなのかと納得していますよ、行き当たりばったりさん(笑)