トノサマバッタか


今年は花を咲かすことのなかった庭のプルメリアの木、観察していたら大きな葉っぱの上に何かいた。バッタだ。バッタには詳しくないが、形が大きいので勝手にトノサマバッタかなと思った。
写真中央やや上、葉っぱと葉っぱの間にある茶色いのがバッタです。分かりますか。
画像


ほらこれですよ。
画像


今度は葉っぱの裏側に回りこんだ。
画像

画像


写真を撮るので音を立ててしまったら、隣にあるハイビスカスの木の飛び移った。ジャンプ力は凄い。
画像

画像

画像


で、ネットで調べたらトノサマバッタ、クルマバッタ、クルマバッタモドキと類似のバッタがいろいろあった。写真に撮ったバッタは頭が緑色でなく茶色であるが、3種類とも時期により頭も茶色くなるようだからますます分からないのである。
私が小さいころは東京でも自然がいっぱい残っており、野原ではバッタを追いかけた思い出がある。東京ではトノサマバッタのことをオートギッチョンと呼んでいたかな。



この記事へのコメント

2016年09月23日 07:41
おはようございます。
バッタを追いかける---。私は今でも見つけると--追いかけます童心に戻れます。
生き物はなんでもいとおしいですね。
会話ができたら---どんなでしょうね
屋久島ジージ
2016年09月23日 09:20
昆虫などの生き物を追いかけるのは人間の本性なのでしょうかね、行き当たりばったりさん。
私もそんな癖があってついつい体が反応してしまいます
(笑)
くるりんねこ
2016年09月24日 01:08
こんばんは♪
幼い頃は、カブトムシ、クワガタ、カミキリムシ、玉虫、トンボ、アオスジアゲハ…捕まえていました~
今でも、トノサマバッタ、ショウリョウバッタ、カマキリ、アゲハチョウの幼虫、ハンミョウ、オオテントウ…見たら、思わず観察(じっと見るだけですが…)していまいます! (笑)(=^ェ^=)♪
屋久島ジージ
2016年09月24日 06:15
けっこう活発な女の子だったんですね、くるりんねこさん。女性で虫に興味のある人は少ないですよ。
虫が嫌いで屋久島から出て行く人は大概女性ですからね。