ポンペイ遺跡(続き)


さあ、ポンペイ遺跡の続きです。
こちらは昔の公衆浴場、今のイタリア人はほとんどバスタブを使わずシャワーだけだそうですが、この時代はこんなに立派な浴槽が合ったのです。天井には湯気の抜け穴がありました。
画像

画像

画像


こっちはサウナ室、こんなに大きなサウナって・・・
画像

画像


丸い大きな皿状のもの、中央に穴が開いています。下で水を温めてここから湯気が出ていたとか。
画像

画像


やはり天井には明り取りの穴が開いています。
画像

画像



今度は商店の跡を見学しました。
こちらは酒屋?さん。ビールやワインを売っていたお店の跡だそうです。
画像


この穴に先ほど見た遺跡から発掘された先の細い壺を差込、お酒を入れて販売していたのです。
画像

画像



一方こちらはパン屋さん跡、大きな石窯が見えます。
画像

画像


私の作った石窯の何倍もあります。一度にどれだけのパンが焼けたのでしょうかね。
画像

画像


これは小麦粉を擦りだした大きな石臼です。四角い穴に角棒を差し込んで人力か牛力かで臼を回し粉を作ったとか。凄い石臼ですね。
画像


さらに2000年前の商店街を歩きます。
画像

画像


見学が終わり再びメイン道路を通って遺跡の外に出ます。轍(わだち)を見つけました。重い馬車や荷車が同じ場所を何回も通った証拠ですね。
画像

画像


今度はポンペイ遺跡の外に出て「秘儀荘」と呼ばれる場所まで歩きました。観光客はあまり寄らない場所だそうです。
歩いている途中咲いていたローズマリーでしょうか、見事でした。ハーブ好きで自分でも育てているかあさんも思わずウットリ。
画像

画像

画像


で、「秘儀荘」のある場所に到着しました。このあたりの中心地は昔からネアポリス(ナポリ)である。ネアポリスはもともとギリシャ人が築いた都市である。ネアポリスではギリシャ神話の豊穣の神ディオニュソスを信仰していましたが、ローマ元老院はこれを厳しく禁止した。それでも密かにディオニュソスの秘儀が続けられた場所だそうで豪邸である。
画像


入った最初の部屋で出迎えてくれたのが発掘された人体でした。凄いリアル。
画像


そしてディオニュソス秘儀の部屋へ。
画像

画像


ここは秘儀の間の壁画で有名な場所。
画像

画像


こちらは長さが17mもある壁画です。壁画は全体で物語になっています。
画像

画像


絵心のある?かあさんも食い入るように見ていましたが、分かったかな?
画像


これでポンペイ遺跡と秘儀荘の見学はお終いです。
次はローマ市内を観光、「ローマの休日」で見た場所が見られるかも知れないと楽しみです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

くるりんねこ
2016年11月03日 10:07
こんにちは♪
まるで映画のテルマエロマエ(だったかな?)の世界ですね!
見所いっぱいですね。(=^ェ^=)♪
屋久島ジージ
2016年11月03日 11:56
正に映画の世界ですよ、くるりんねこさん。
イタリアはどこを掘っても遺跡だらけのため、地下鉄があまり多くないそうですよ。
2016年11月03日 23:50
今晩は。
こういうところがあるのですねぇ。
かなり広くて、全部を見るのは、大変でしょうね。
驚きの連続です。
屋久島ジージ
2016年11月04日 06:41
本当に広大な遺跡でまだまだ未発掘の場所があるそうで、これからも新発見があるかもしれませんよ、行き当たりばったりさん。