栴檀(センダン)の花


小さい淡紫色の花が高木の上に咲いています。屋久島では多く見られるセンダンの木です。学校の校庭にも植えられたりしています。東京の桜って感じですかね。
そしてセンダンの木は大木になりますから存在感もあります。成長も早いですね。
写真のセンダンはまだ10年は経っていない若木でしょうが、ゆうに5~6mはあります。
画像

画像



真下から見上げて見ました。茂った葉が適度に日陰を作り良い感じです。細かな花がビッシリと咲いています。
画像

画像



枝の先っぽのほうをズームして撮ってみました。少しだけ淡紫色が分かります。
青空とのコントラストが綺麗です。
画像

画像

画像


花が終わるとこれもまた小さな実がたくさん生ります。昔はその実で数珠を作ったとか。
センダンの木が厄介なのは晩秋から冬に掛けてです。落葉樹なので葉っぱは当然落ちますが小さな枝先のようなものがいっぱい落ちてきます。我が家の東側、駐車場にしているところにもセンダンがあったのですが、車の屋根に落ち葉や小枝のようなものが落ち毎日払わなければならなかったので切ってしまいました。センダンは他所で見るに限ります(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2017年05月12日 06:42
おはようございます。
センダン、職場にもあります。大きな木です。葉の繁った木下は日陰になり涼しそう。実った実は冬を越し、どうしても食べ物がない時は、最後の食事として鳥に食べられるようです。(あまりおいしくないようで---)
屋久島ジージ
2017年05月12日 14:01
そうですか、最後の最後に食べる実なんですね。やっぱり美味しいものから先に食べたいですからね。
職場のセンダンはきっとシンボルツリーなのでしょうね、行き当たりばったりさん。