ハイビスカスとニオイバンマツリの競演


家の東側の斜面でピンク色のハイビスカスとニオイバンマツリの花が競う合うように咲いていました。隣り合って植えてあるのでお互いに日の当たる方向に伸びようと同じ方向に向いていて当然花も同じ向きになっています。
ニオイバンマツリのほうが斜面の上の方、下がピンクのハイビスカスです。
画像

画像


下の写真なんか同じ木から2種類の花が咲いているかのような錯覚を覚えます。でも葉っぱが全然違いますよね(笑)
画像

画像



ところで面白いのはハイビスカスの雄しべと雌しべです。どんな構造になっているか分かりますか。
長い棒状の先っぽの赤いのが雌しべで5つあります。その下にある黄色いごちゃごちゃしたのが雄しべです。
色の違う橙色のハイビスカスが隣に咲いていましたが雄しべ、雌しべの構造と色はまったく同じです。面白いでしょう。
画像

画像


ハイビスカスはあまり香りはしませんがニオイバンマツリが強い香りがするのでこの競演は良い感じです(^^)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2017年05月14日 09:19
おはようございます。
もうハイビスカス、しかも自生。
福島では、ほとんどが鉢植えです。暖かさが違うのですねぇ~
ニオイバンマツリの香り---かいでみたいものです
くるりんねこ
2017年05月14日 10:18
こんにちは♪
緑の葉の茂みに、色とりどりの小花・大花を散らして…
素敵なデザインの壁紙ですね!
欲しいな~(=^ェ^=)♪
屋久島ジージ
2017年05月14日 18:22
いやいやこの時期になると屋久島よりも本土のほうが暑い日が多いようですよ、行き当たりばったりさん。ただハイビスカスを地植えに出来るのはさすがに本土ではなかなか難しいかもしれませんね。一年中の平均気温が違いますからね。
屋久島ジージ
2017年05月14日 18:26
ははは、壁紙ですか嬉しいですね、くるりんねこさん。
拙い写真でも女性にとって花は美しく見えるのでしょうね
(笑)