原種のクチナシに花が


散歩で通る農道の雑木林に原種でもちろん野生のクチナシがある。そのクチナシに花が咲いていた。屋久島にある原種のクチナシの花は一重の花である。
しかも咲いた瞬間は真っ白なのだが直ぐに汚れてしまうし、時間と共に黄色く変化してしまうから咲いている全部の花が真っ白く見られることはない。
まずは最初の場所、花がそれほれほど大きくないので遠め目には花が咲いているのが分かり辛い。
画像

画像

画像


近くで見てみる。こちらはまだ白いが、
画像


こちらは少し黄味かかってきている。
画像


白い1輪をアップで撮ってみた。6弁の花びらがクッキリ。
後ろが雑木林で暗いので白が際立つ。
画像



これはまた違う場所のクチナシ、後ろに大きな木があってその木に寄りかかるようにして花を咲かせていた。
花の数が多いが、咲いてから少し時間が経って汚れ気味であった。
画像

画像

画像


比較的綺麗な2輪を撮って見ました。ちょっと幻想的(笑)
画像


原種とはいえクチナシの花の香りは非常に強い。ちょっと離れた場所からでも風下だと匂いが飛んでくる。あっ、クチナシだなと直ぐに分かる。
純白な期間がもう少し長かったら良いのですがね。正しく花の命は短いです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2017年05月23日 07:19
おはようございます。
珍しい花なのではないでしょうか、原種。
香りは強いわけですね。
私のイメージ通りの香りなら---大好きな香りです。
屋久島ジージ
2017年05月23日 20:53
香りはきっと行き当たりばったりさんの想像しているものと同じだと思います。良い香りですよ。
クチナシはきれいな花ですが直ぐに痛んでしまうのが難ですよね(><)
くるりんねこ
2017年05月23日 22:39
こんばんは♪
クチナシの香り好きです!
うちの八重咲きは余り大きくならない、実のならないタイプです。まだ小さなツボミです。
こちらは、クチナシはこれからですが、スイカズラが真っ白な花を咲かせているのが見れます。 クチナシやスイカズラは、白い花が時間とともに、熟したかの様な黄色に変化していくのが興味深いです。 (=^ェ^=)♪
屋久島ジージ
2017年05月24日 06:32
この原種のクチナシは花が終わると黄色い小さな実が生るんですよ、くるりんねこさん。
その実を煎じて染色すると美しい色が出ます。ただこの実、人が採る前に虫にやられてしまうことが多いんですよ
(><)