ハワイのマングース


少しずつハワイで撮った写真を整理しています。整理しながらその中で印象に残っているものをときどき載せることにします。
今回はハワイに住むマングースです。マングースと書きましたがそのときは何の動物か分からず帰ってから調べてマングースだということが分かりました。
実はご承知の通りハワイは太平洋のど真ん中にあり、もともと4つ足の哺乳類は一切いなかったのです。せいぜい空を飛んで移動できるコウモリが唯一の哺乳類だったようです。日本の小笠原諸島もそうですよね。
ダイヤモンドヘッドに行ったとき入り口の公園の芝生でチョロチョロと動くものが何匹か見えました。小さい動物ではじめはリスかなと思いました。写真中央、芝生の上の茶色い小さなものがそうです。
画像


でもリスにしては尾っぽの形が違うなとは思いました。
画像

画像

画像


よく観察すると胴長で少し気持ち悪い。お世辞にも可愛いとは言えません。大きさは30~50cm程度ですかね。両手の中に納まるくらいです。
画像

画像


帰ってきてから調べたらこのマングースはインド原産だそうで、人手によって導入されました。ネズミ退治のためだそうです。マングースより先に寄航船に乗ってきたネズミが大繁殖してサトウキビ畑を荒らしたのでそれを退治しようとしたのです。日本でも沖縄や奄美で蛇退治のために導入しましたね。で、どちらも効果が無かったようで、マングースだけが増えてしまったと言うわけです。人間の考えなんて浅はかななものなんですね。
そういえば私の住んでいる屋久島でも本来居なかったはずの狸が増えて被害が上がっているようです。これもマングースの例と同じ人的災害そのものです。
自然の生態系を壊すのはいつも人間なのです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2017年06月26日 08:19
おはようございます。
マングース--あの蛇を食べてしまうというマングース。
なるほど、天敵で退治を、という考えですね。
うまく効果があるといいですが
あまり人を恐れないような
屋久島ジージ
2017年06月26日 09:41
ハワイにいたマングースはまったく人を恐れていませんでしたよ、行き当たりばったりさん。雑食なので見た目以上に食欲が多そうです。
ちょっと気持ち悪いですよね。