1本の木にいっぱい咲いたハイビスカス


屋久島もかなり涼しくなってきました。一時のような蒸し暑さが消え、昼間の暑いときでもカラッとしていて汗の出方が違います。朝晩は温度も下がり風が通ると寒いくらいです。従ってエアコンを使う時間が少なくなってきて電気代もかなり安くなると期待しています。
そんな気持ちのよい季節に誘われるかのように庭の1本のハイビスカスがメチャクチャ多くの花を咲かせています。いろいろあるハイビスカスの中でも一番オーソドックスな花で原種に近い花だと思います。
見てください、1本の木でこんなに咲いていますよ。いったい何個の花が咲いているのでしょうか。
画像

画像



左側から見る。
画像


右側から見る
画像



接写してみました。花びらのしわがはっきり見えますね。
画像

画像



雄しべと雌しべの部分。
画像

画像



このようにハイビスカスの花は真夏の一番暑い時よりも朝晩が涼しくなった今のほうがいっぱい花を咲かせるのです。

この記事へのコメント

2017年09月11日 06:56
おはようございます。
このようにいっぱい花をつけてる姿、あまりみませんね。見事です。
秋口の花
屋久島ジージ
2017年09月11日 09:01
ハイビスカスはけっして秋の花ではないのですが、余り暑すぎると疲れてしまうのでしょうかね、行き当たりばったりさん。
まあ、冬でも咲きますからね。
くるりんねこ
2017年09月11日 10:29
こんにちは♪
ハイビスカスの花がすずなりですね! 花芯が長くて優美ですね~塩害で痛々しい様子でしたが、嬉しい限りですね!! 他のハイビスカスは大丈夫ですか?(=^ェ^=)♪
屋久島ジージ
2017年09月11日 14:20
はい、他のハイビスカスもこんなにいっぱいは咲いていませんが元気ですよ、くるりんねこさん。
でもまだまだ台風が来そうでちょっと心配ですね
(><)