縮こまったハイビスカス


ほぼ1年中咲いている屋久島のハイビスカスですが、今回の大寒波?には参ったらしく花が大きく咲きません。もともと1月後半から2月中旬にかけては一番寒い時期でハイビスカスもチラホラになるのですが、今年はさらに早まったようです。
我が家の東側の斜面に植えてあるハイビスカス、いつもならまだいっぱい花が咲いているのにまばらです。
画像

画像


開いた花も開ききれずサイズも小さいです。遠目に見るとまるで椿の花と間違えそうです。
画像

画像


庭の南側のハイビスカスは咲いた状態で霜焼けになったようで元気がありません。
画像

画像


寒波が去ると今度は気温が20℃近くに上がる予想が出ています。何だコリャです。

この記事へのコメント

2018年01月15日 08:30
おはようございます。
ハイビスカス--園芸種として、ほぼ年中咲いていますが
さすが地物は、こうなんですね。
でも---咲いているのがすごい
気温の変動の大きさにも驚きです
くるりんねこ
2018年01月15日 10:04
おはようございます♪
最近氷点下の朝を迎える川内です。今朝も寒かったですが、予報通りに青空とお日様の暖かい陽射しが徐々に~嬉しいです♪何度まで上がるかな?
屋久島のハイビスカスは花を小さくしても咲くんですね!彩りの少ない季節に嬉しいですね(=^ェ^=)♪
屋久島ジージ
2018年01月15日 16:36
寒風に吹きさらされても咲くんですから健気ですよね、行き当たりばったりさん。路地植えでこんなに頑張っているのを見ると老体にムチ打たねばと反省します(笑)
屋久島ジージ
2018年01月15日 16:38
今日の屋久島南部は打って変わって好天気でした。気温も何んと18℃まで上がりましたよ、くるりんねこさん。
散歩したら汗が出てきました(^^)