サフランモドキとヒルザキツキミソウの競演


道端の空き地でピンク色の花がいっぱい咲いていました。この場所は雑草の花がよく咲く場所です。
一つはサフランモド(左側)キ、いま一つは前にもご紹介したヒルザキツキミソウ(右側、右奥)です。
画像

画像



調べるとサフランモドキはタマスダレ属の多年草で地下に球根を持っているそうです。そういえばタマスダレの白い花もこのサフランモドキも切ってもまた時期が来ると出てきて花を咲かせます。原産地は中米です。屋久島では空き地など雑草の中でもよく見られます。花が咲くと雑草の中でも目立ちますので直ぐに分かります。
花らしい花ですね。
画像



ヒルザキツキミソウは全盛期を過ぎてやや小ぶりでになっていますがサフランモドキの花に囲まれても負けじと咲いています。右下で中が白っぽいのがヒルザキツキミソウです。
画像



これは家の近くの空き地、いっぱい茂る雑草(ほとんどがシロバナセンダングサ)の中でサフランモドキの花が顔を出しています。
画像

画像

画像



雑草の中でこれから開こうかというサフランモドキの蕾、色が濃いです。
画像



ヒルザキツキミソウもサフランモドキも屋久島の気候に合っているのでしょう。数が増えてきていますね。やっぱり他の雑草に負けない生命力があるからでしょうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2018年06月23日 07:34
おはようございます。
ピンク色の花----緑色の葉の間にあって映えますね。
大好きです。
たくさんあるのが特徴で、見事です。
これが自然に---
屋久島ジージ
2018年06月23日 09:24
このように雑草の中で咲く花も綺麗ですよね、行き当たりばったりさん。最初は園芸用として輸入されたのでしょうがいつの間にかこのように帰化する姿は強さを感じさせます。