やくしま夏まつり豪華絢爛の花火


午前中に「遊覧漁船」で船に乗り屋久島を海の上から眺めたりしましたが、夕方からは待望の「やくしま夏まつり」の本番です。中でも真上に打ち上げられる花火は毎年多くのお客さんに大好評です。今年も18時半前に幸志郎を連れてお祭の行われる安房港に出かけました。
会場は大賑わいで夜店の屋台もいっぱい出ていました。
画像

画像

画像



まずは花火を観るために席の確保です。すでに「パカラのとーさん」が先に来ていて席を確保していたのでその隣に陣取りました。毎年海に近いこの場所が定位置です。
画像



持ってきたおかずをつまみにまずは生ビールです。お祭にビールは欠かせませんね。もちろん帰りはアルコールを飲まない娘が運転しました。
潮風に吹かれながらの生ビールの味は格別です(^^)
画像

画像



少し暗くなってきました。山側にある黒い雨雲が気になりはじめました。
画像



そして19時半、一回目の花火が始まりました。ドドーン!
画像



そして次々と打ち上げられます。
画像

画像

画像



おっとこれはハートの形です。面白い。
画像

画像



打ち上げ場所は午前中「遊覧漁船」で見た場所からです。
画像

画像



そして一回目の花火のフィナーレです。
画像



2回目の花火は21時15分からの予定。それまで飲んで食って・・・、いつの間にか会場はいっぱいになりました。
画像

画像



その後あの雨雲が強い夕立を降らしたため、予定より大幅に早めて20時20分に2回目の花火大会が始まりました。幸志郎がいるので早まってこちらはラッキーでした。
花火大会の再開です。小さな花火がいっぱい音を立てて開始を知らせます。
画像



豪華な花火がどんどん上がります。時折降る雨でカメラのレンズに水滴が・・・
画像

画像

画像

画像



去年までは落ちてくる花火を怖がっていた幸志郎ですが今年は怖がらず観ていました。右の頭が幸志郎。
画像



次々と打ち上げられる見事な花火にウットリです。
画像

画像

画像

画像

画像



そしていよいよフィナーレです。大型の花火が惜しげもなく連続で・・・思わず観客からは拍手が上がりました。
画像

画像

画像

画像

画像



無事に終了です。これほど近くから迫力ある花火を観られるのは屋久島の「やくしま夏まつり」ならではです。本土の有名な花火大会のように何万発もは上げられませんがこの人口の少ない屋久島でこれほど豪華な花火が観られるのは嬉しいことです。
都会育ちの幸志郎には思い出に残ることでしょう。
また来年です。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2018年08月14日 08:41
おはようございます。
花火大会---夏の風物詩ですね。
大がかりな花火大会、いい思い出になることでしょうね
屋久島ジージ
2018年08月14日 09:23
この花火大会は毎年楽しみにしているんですよ。
打ち上がった花火を真下から見上げられるので迫力満点ですよ、行き当たりばったりさん。