台風24号の爪痕



非常に強い台風24号が屋久島の真上を通過し九州、四国そして本州に上陸し各地でいろいろな被害を起こした。幸い屋久島では怪我人などの人身被害は無かったようです。ただ、ポンカンやタンカンの柑橘類に与えた影響はあったのではないでしょうか。ポンカンは12月に収穫する屋久島の農家の方にとっては大きな収入源になるのですから被害は大きかったかもしれません。
写真は台風の中心が去った後吹き返しの風(西の風)が大荒れに吹いていたとき自宅近くから眺めた海の様子。大きなうねりと波が磯の岩を叩きつけていて「ゴー」といった大きな音が辺りに響いていました。
こんなに強い風(おそらく30~40mは吹いていたでしょう)にも関わらず一羽のトンビが舞っていたのにはちょっとビックリでした。
画像



我が家はずーっと停電でした(><)
午前1時ごろの深夜から一夜明けさらに夕方になっても停電は直りませんでした。今回は他の集落や地域が復電しても我が家の近くだけが長い間停電でした。お陰で冷凍庫の氷が解けてしまったり冷蔵庫の食物が一部ダメになったりしました。
夕方、停電を復旧するために作業員が我が家までやって来て調べましたが原因が分からないと困っていました。何でもトランスの手前までは高圧6000Vが来ているのに何故我が家に100V来ないのか何故だか分からないと言っていました。
我が家の敷地内に立っている電柱で調査する作業者の方。遅くまでご苦労様。
結局我が家の停電が復旧したのは午後9時ごろでした。原因は聞けなかったので私には不明のままです。
画像

画像



翌日の月曜日は台風一過の晴天、早速テニスをしに安房に向かいました。途中麦生集落に入るときに県道が片側通行になっていました。大木が台風24号の強風で根元から折れ県道を塞いでしまったようです。チェーンソーで枝を切り何とか片側通行が出来るようにしたとか。
人身事故が無かったのは不幸中の幸いか。
画像

画像



大木が倒れ電線も切られていました。これは間違いなく停電しますよね。
何でもこの大木の周囲は大人が6人も手を繋がないと回せないほど大きかったとか。
画像

画像

画像



倒れた大木の手前にカンナが咲いていて綺麗でした。何んとも皮肉っぽい感じがしました。
画像

画像



この大木は何でしょうか。きっとガジュマルかアコウだと思います。屋久島では各集落ごとにこのように巨大な木がシンボル的に植えられているのです。私の住む平内集落でも数年前巨大なアコウの木が台風で倒されたことがありました。
すでに台風25号が発生し24号と同じようなコースを辿りそうです。また台風か(><)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

2018年10月03日 07:18
おはようございます。
こんな大木が倒されてしまう---。
風、台風の勢いが想像できます。
全島的に、こんなふうだったのでしょうね。
迅速な復旧が望まれますね。
停電の原因、大本は台風でしょうが---
屋久島ジージ
2018年10月03日 08:34
さすがの大木も繰り返される強風で傷んだのでしょうね。いったい樹齢はどれくらいでしょうか。
屋久島は雷や台風のたびに停電が起こります。こればっかりは困りものですよ、行き当たりばったりさん。