ツワが咲き始めました



17日の記事で蕾が付いたことをお知らせした屋久島南部のツワブキ、あれから10日ほどですが早くも咲き始めましたよ。
比較的日当たりのよい場所から順に咲き始めたようで、これからどんどん花が増えていくことでしょう。
まっ黄色な花が鮮やかで周囲を明るくしています。
画像




この場所は雑木が伐採されたので奥の方まで日が当たり早めに咲いたのでしょう。
画像




ススキ(萱)に混じっても負けずに顔を出して咲くツワの花です。
画像




近くで見ると鮮やかな黄色が目に眩しいばかりです。咲き始めなので特に黄色が綺麗に見えます。
見事にリング状になっている花もありましたよ。
画像

画像



これから冬に向かう屋久島ですが花の少ない中このツワブキの花が里や雑木林周辺を彩ってくれることでしょう。
早春になればこのツワの若芽を採って食べる人もいますね。



この記事へのコメント

2018年11月30日 08:15
おはようございます。
黄色い花がなんとも言えません。
こちらの山々はすっかり冬の準備で、広葉樹は葉を落とし茶色の山になっています。見通しが良くなって、どこまでも見通せます。花----もう咲いていません
屋久島ジージ
2018年11月30日 09:14
遥かかなたまで見通せる、それはそれで晩秋の風景ですよね、行き当たりばったりさん。これから雪のシーズンになると観るには美しい光景が広がりますね。生活するには大変でしょうけど(><)