山を下りる虹



28日は仕事納めのところも多かったと思います。仕事ではありませんが私たちのテニス同好会のテニスもこの日が打ち納めでした。前日までの温かい天気とは一転して11℃ととても寒い日となりましたが今年最後のテニスなので頑張って出かけましらよ。「うー寒い!」
10時半過ぎに明星岳に虹がかかりました。薄っすらと霧雨が降ってきたのです。
時刻は10時40分。
画像




山(明星岳)の頂上の少し下にかかっています・
画像




山裾の方まで虹がしっかりと見えました。
画像




で、30分後、虹が山の中腹くらいまで下がりました。
画像




山裾の方も下がりました。
画像




さらに5分後、さらに下がった気がします。
画像

画像

画像




また10分後、虹はさらに下がります。手前の低い山の尾根伝いにまで下りました。
画像

画像

画像




12時10分前になるともっと低くなりました。
画像

画像

画像



テニスの合間に撮った写真ですが虹がこれほど早く動く(下がる)なんて面白い現象ですね。午前中からお昼にかけてだったので太陽がだんだんと上に上がり明星岳に差し込む光の高さが高くなったための現象だと思われます。要するに光の角度が下から上、水平そして上から下と変化するにつれ虹の角度も上から下に変わっていったのでしょうね。この分だと太陽が真上に来るお昼過ぎには虹は消える?
以上、正に山を下りる虹でした(笑)

この記事へのコメント

2018年12月29日 07:29
おはようございます。
面白い観察です。
テニスの合間とはいえ、ずっと観察を続けていた
穏やかな気候でよかったです
屋久島ジージ
2018年12月29日 11:30
いや~この日から屋久島も寒くなりましたよ、行き当たりばったりさん。北西の風が強く16m」も吹いたので東京からやって来た孫の幸志郎たちは鹿児島で足止めに会い鹿児島で一泊する羽目になってしまいました。飛行機もフェリーも欠航でした。こんな時離島を痛感します。