どっこい、生きていましたクレマチス



垣根にしているケタンキ(ハマヒサカキ)の根元に一厘だけ紫色の花が咲いていました。クレマチスです。いつの間に咲いたのだろうか、そして何年ぶりだろうか。たしか去年は咲かなかったような気がしたのでブログの記事を振り返り調べてみたら前回咲いたのは2016年の4月でした。ですから3年ぶりになります。もう無くなってしまったのかと思っていたのですが、どっこい生きていたんですね。
この花は私たちがこの家に移住する前から植えられていたのでもう15年以上になります。
画像

画像




前回咲いた時には3~4厘の花を咲かせたのですが今回はたった一厘、ちょっと寂しいです(これからまだ咲くかもしれません)。
よく見ると可哀そうに虫に喰われて穴が開いたりしています。例の毛虫のせいでしょうか
(><)
画像

画像




まったく面倒を見ていないのにこうやって咲いてくれると嬉しいし可愛いと思います。人間って勝手ですよね。
少しは肥料を与えたりしてあげないといけませんね。

この記事へのコメント

2019年04月18日 08:07
おはようございます。
クレマチスですね。大好きな花です。
我が家でもクレマチスは毎年咲いています。
以前は十数種、育てていましたが----今や数種のみ手間をかけないと、いつもきれいな花は咲かせることはできません
屋久島ジージ
2019年04月18日 08:52
ですよね、行き当たりばったりさん。我が家のクレマチスはちょっと可哀そうですかね。少しは面倒見てあげないといけませんかね。
くるりんねこ
2019年04月22日 10:24
こんにちは♪立派なクレマチスですね!クレマチスはバラエティーに富んだ色や形が有るので、何種類か植えてはいますが、いつの間にか消えてしまっています~なのに、春になると、花屋で苗に付いた花の写真を見ると失敗を忘れて買ってしまいます(笑)(=^ェ^=)♪
屋久島ジージ
2019年04月22日 13:09
我が家のもいつの間にか消えてしまいますが不思議と春になると蔓が伸びてきて花を咲かせてくれるんですよ、くるりんねこさん。もう15年もこうして頑張ってくれるのです。