ワトソニアが咲きはじめました



庭の西側でワトソニア(和名はヒオウギズイセン)の花が咲きはじめました。屋久島で見かけるワトソニアはすべてこのピンク色です。
南アフリカ原産ですが球根ですから寒さにも強く春になると毎年このように花を咲かせます。
こちらは東京に行く前に撮ったワトソニア。
画像




4日後東京から戻った時の写真。たった4日間ですが花の数が増えているのが分かります。
画像




花茎がスーッと伸びてそこに形の良い花がたくさん付きます。
画像

画像




こちらは開いた花のアップです。中から黒くて細い雄しべが出ているのが分かります。
画像

画像




今屋久島南部ではこのワトソニアの花をあちらこちらで咲いています。花の寿命も比較的長いので当分は咲き続けるでしょう。


この記事へのコメント

2019年04月09日 08:30
おはようございます。
きれいなお花です。
ピンク色----、やはり緑色の背景で、さえますね。
雨に濡れてか、生き生きとしています
屋久島ジージ
2019年04月09日 11:39
ワトソニアという花は屋久島に来て初めて知りました。丈夫で手間いらずなので放置しておいても毎年花を咲かせます。ちょっとグラジオラスに似ていますかね、行き当たりばったりさん。
くるりんねこ
2019年04月14日 11:43
こんにちは♪ピンク色のワトソニアは優雅で美しいですよね。是非、我が家の庭にも植えたいと数年考えて、スペースの関係上諦めました…だから、屋久島ジージさんの写真で満足してます♪(=^ェ^=)♪
屋久島ジージ
2019年04月14日 13:33
ははは、どうぞどうぞ見てくださいませくるりんねこさん。
グラジオラスに似たこの花関東では見たことがありませんでした。聞いた話では屋久島にはピンクのほか白のワトソニアも咲いているとのことですが私はまだ見たことがありません。