牡丹のようなハイビスカス



まるで牡丹(ボタン)か芍薬(シャクヤク)の花のように八重で大きなハイビスカスの花が咲きました、東側の細長い花壇の中に植えてある木です。他のハイビスカスのように多くの花は付けておらずたった一厘ですが目立ちます。
画像

画像




遠目にはハイビスカスには見えずボタンかシャクヤクと言われればそのようにも見えます。しかし近くで見るとハイビスカスの特徴である長い雌しべや雌しべが飛び出しています。間違いなくハイビスカスですね。色はピンクで綺麗です。
画像

画像



この八重のハイビスカスは毎年咲くのですが同時に何十個もパーッと咲くことはありません。せいぜい数厘です。それが散ると次が咲くといった具合でしばらくは咲き続けます。
またほかのハイビスカスは冬でも咲いてくれますがこの八重のハイビスカスはある程度温度が高くならないと咲きません。同じハイビスカスの仲間でも色々ありますね。

この記事へのコメント

2019年06月20日 07:14
おはようございます。
ハイビスカス---特徴のあるおしべとめしべ、大好きです。
次々に咲くということは、長い間、花を楽しめるということですね
この種の花、福島では、さすがに見ないです
屋久島ジージ
2019年06月20日 09:11
そうですね、温室でもない限り福島でハイビスカスを咲かせるのは難しいかもしれませんね。温暖化が進んでいるのでいずれは福島でも露地栽培が出来るようになるかもしれませんよ、行き当たりばったりさん(笑)