ノカンゾウの花が咲いています



農道沿いで雑草の中からユリのような橙色の花が咲いていました。最初見たときはオニユリ(コオニユリ)かなと思いました。でもオニユリは6月の終わりにはもう咲き終わったはずです。
よく見るとオニユリではありません。あの黒点がありませんし花びらが反り返ってもいません。農道でチラホラ見られるようになったこの花はノカンゾウ(野萱草)の花でした。

ツワブキの葉の間から茎をのばし花を咲かせたノカンゾウ。
IMG_4576.jpg
IMG_4578.jpg



蕾もたくさん見られますからこれからどんどん咲くことでしょう。
IMG_4577.jpg
IMG_4580.jpg



雨が降った後だったので水滴がついていてキラキラ光っていました。
IMG_4581.jpg


調べるとノカンゾウはユリ科のワスレグサ属だそうです。ニッコウキスゲなどと同じ仲間のようです。
またノカンゾウの若い葉は食用にもなるようです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年08月29日 07:18
おはようございます。
橙色の花-----いいですね。
たくさんあると、見ごたえがありますよね。
ただ、アブラムシがつきやすいのでは---(笑)
屋久島ジージ
2019年08月29日 09:33
ノカンゾウにはアブラムシが付くんですね。知りませんでしたよ、行き当たりばったりさん。
まあ、庭ではなく農道沿いの草地なので気にしませんがね
(笑)