似たもの同士の花



数日前に雑草の中で咲いていたピンク色のサフランモドキの花をご紹介しましたが、同じ種族のタマスダレが一緒に咲いているところを見つけました。県道沿いの空き地ですがここでは真っ白なタマスダレがサフランモドキよりも多く咲いています。
IMG_4719.jpg
IMG_4722.jpg



色と大きさは違いますが形はよく似ています。仲良く咲いているのも面白いですね。
IMG_4723.jpg



よく見比べてみましょう。白がタマスダレ、ピンクがサフランモドキです。
こんなに共通点がありました。
まず花弁は6枚での先は尖がっています。黄色い雄蕊も6個ずつ、白くて長い雌蕊は外に飛び出しています。
IMG_4720.jpg
IMG_4721.jpg


このように共通点の多い同種の花でが、両方とも原産は中南米のようです。似ていて当然かもしれませんね。
このように2種類が隣り合って咲いているのですから混合種が出来ても不思議ではありませんが、まだ見たことはありません。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年09月16日 13:58
今日は。
花がたくさんで羨ましい限りです。
タマスダレ、白い花で楚々としていますね。
サフランモドキはピンクの花、これも素敵な花です。
一緒に咲いているなんて贅沢の極みです(笑)
屋久島ジージ
2019年09月16日 14:19
どちらも野生化した花で屋久島では雑草と一緒です。
でも草払いの時、咲いていたらやっぱり刈るのは躊躇しますよ、行き当たりばったりさん。