命を繋ぐクロアゲハ?



散歩の途中、以上に増え続ける雑草花「シロバナセンダングサ」の中で奇妙な黒っぽい物体があるのを発見、何だろうか?
よく見ると黒いアゲハチョウです。でも何か形が変だぞ。左右対称に見えます。
IMG_4992.JPG
IMG_4989.jpg



近くで見て納得しました。これは交尾している姿なのです。どうやら上がメスのようです。
黒いアゲハチョウは屋久島ではいっぱい飛んでいます。その中でこの2頭の蝶はパートナーになったのです。そして命を繋ぐ儀式を行っています。
IMG_4991.jpg



これは横から見た写真です。頭がハッキリと見えました。
IMG_4990.jpg


さてこの黒いアゲハチョウは何という名前なのか調べてみました。微妙ですが「クロアゲハ」ではないでしょうか。ナガサキアゲハも似ているかなと思いましたがオスの姿が違うようです。
これから晩秋に向かい朝晩は益々冷えてくると思います。そして冬を迎えます。ほとんどの蝶は成虫では冬を越さず卵か幼虫あるいはサナギとなって冬越すのでしょうね。
このクロアゲハもこうやって命を繋いでいくのですね。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

てふてふ
2019年10月26日 09:20
クロアゲハには、白紋がありません。ナガサキアゲハには尾状突起(尻尾)がありません。写真のアゲハはモンキアゲハです。交尾の写真、珍しいですね。
屋久島ジージ
2019年10月26日 10:29
ご指摘ありがとうございます、てふてふさん。
モンキアゲハで調べたら確かにその通りでした。さすがに昆虫博士ですね、てふてふさん(笑)
屋久島には似たような黒いアゲハが多すぎて私には区別が難しいです(><)
2019年10月28日 08:28
おはようございます。
どこでも見ることができるとは、羨まし限りです。

我が家では、今年は黒い蝶が卵を産みに来ませんでした。
ユズ、カラタチなど食草を、鉢植えで置いてあるのですが。

気温が下がってきたので、鉢を室内に取り込む準備です。
屋久島ジージ
2019年10月28日 13:52
屋久島も今朝は寒かったですよ、行き当たりばったりさん。気温が20℃を切っていましたからね。
こんなに寒いと卵がかえるかちょっと心配してしまいます
(笑)