クサギ(臭木)の実が落ちてまるで花のよう

クサギという木は日本全国どこでも自生している植物で、屋久島でも雑木林などで多く見られます。葉っぱが臭いということでこんな名前が付けられていますが、食用にも使えるそうです。 そして本ブログにも載せましたが屋久島南部では9月の初旬から白くて星形の綺麗な花を咲かせます。その後秋になるとまるで実が生り、実の皮が割れて宝石のような青い実…
コメント:0

続きを読むread more