ガガイモの種子


屋久島にはガガイモ属に属するであろう植物が各種ある。毎年冬のこの時期になると白い羽毛のようなもので種子を飛ばす。飛んでいる姿は実に優雅だ。
農道を歩くとこのガガイモの種子があちらこちらで見られる。
まずは小さいものを見つけた。羽の長さは2㎝ほど。
IMG_5833.jpg
IMG_5831.jpg



こちらは中型、長さは3cmほど。前述のものと同じガガイモかもしれない。
IMG_5832.jpg



今度は農道の真ん中に落ちていた種子、こちらはおそらくキジョラン(鬼女蘭)だと思う。私が屋久島で最初に出会ったとき、正体不明の白い物体「ケサランパサラン」として追いかけたもの。今は正体が分かり見つけても感激は少ない。
長さはゆうに5cm以上ある。種子の部分もしっかりしている。
IMG_5829.jpg
IMG_5830.jpg


この他にも大きさが色々のガガイモ種子が浮遊し地面に落ちてくる。風任せで至る場所で種を落とし芽を出す。発芽率はどれほどなのか分からないが、屋久島南部の雑木林にはガガイモ類が多い。
ガガイモは蔓性の植物で他の植物に絡みついて成長する。花が咲きそれが結実して割れこのような種子が飛び出す仕組みになっている。なんとも面白い植物である。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2020年02月15日 20:59
今晩は。
ガガイモの仲間、なぜか、好きです(笑)

風に乗って遠くまで飛んでいく。
ロマンです。

これらが全部発芽し、育ったら---大変なことに(大笑)
屋久島ジージ
2020年02月16日 08:57
何と言ってもこの姿が優雅なんですよね。
毎年この時期に見かけるのが楽しみなんですよ、行き当たりばったりさん。