ニオイバンマツリの新芽は黒



ニオイバンマツリは名前の通り匂いがとっても強い花を咲かせる植物です。屋久島でもあちらこちらで見かけます。花が咲くのはもう少し後で今は新芽のシーズンです。
小島集落の県道沿いはこのニオイバンマツリが街路樹?のようにたくさん植えられています。どんどん伸びるので定期的に上を平らにカットしています。
IMG_6128.jpg



葉っぱは普通に緑色ですが、新芽に限っては黒いのが特徴です。今、どんどん新芽が出てきています。
IMG_6131.JPG



新芽は上の方だけに出てきます。
黒くて艶のある新芽の葉は育ってくると緑色に変化していきます。
IMG_6132.jpg
IMG_6129.jpg
IMG_6130.jpg



下の方を覗いたら狂い咲きしたのでしょうか1輪だけ花が残っていました。
ニオイバンマツリの花は最初は紫色ですが時間の経過とともに白に変化していくのが特徴です。
IMG_6133.jpg


花も葉っぱも成長とともに色を変化させるニオイバンマツリ、その強烈な匂いとともに特徴の多い植物です。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

2020年03月19日 07:32
おはようございます。
いかにも春、勢いを感じます。
この新芽、美味しそうです。
天婦羅も、いいかも!

時間の経過とともに色が変わるお花もいいですね。
香りがあるのもいい(笑)
屋久島ジージ
2020年03月19日 08:34
天ぷらにして食べる?、発想が豊かですね、行き当たりばったりさん(笑)
花の香りは強烈ですから葉っぱにも香りがあるかもしれませんから、もし天ぷらにして食べられるのなら美味かもしれませんね。まあ新芽ですから毒さえなければ大丈夫でしょう。
でも勇気が要りますね(笑)