これはガガイモの花



毎年この時期になると小さな花をビッシリと付けるのがガガイモ類です。
本ブログでも何回か記事にしたのでご存じの方もいるかと思います。
農道を歩いていたら今年もいっぱい咲いていました。キョウチクトウ科の植物なので葉が細長いですね。ガガイモは蔓性なので他の木に巻き付いたりしてどんどん伸びて行きます。
IMG_6291.jpg



こちらでも咲いていました。
IMG_6295.jpg



変わった花でこんな形です。
IMG_6292.jpg
IMG_6299.JPG



豆のように見えるのはどうやら咲き終わって花が落ちた状態のようです。
IMG_6296.jpg
IMG_6297.jpg


花が終わると結実し固い殻を持った大きな実が生ります。その中に100個以上の羽毛を付けた種子が入るのです。
これだけ咲くと来年の冬にもたくさんのケサランパサランが飛び立つことでしょう。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

2020年04月03日 07:52
おはようございます。
おもしろい花ですね。

ケサランパサランになって空から舞ってくる---。
不思議なものです。

数えきれないほどの花数です。
屋久島ジージ
2020年04月03日 08:56
この花がいずれ固い殻を被った実になり、中に羽毛を付けた種子が100個以上も蓄えられます。冬になると殻が割れ中から綿毛が風によって飛び出します。本当に不思議な植物ですよね、行き当たりばったりさん。