タツナミソウ(立浪草)の花



垣根の下で雑草に混じってタツナミソウ(立浪草)の花が咲いていました。
別に植えたわけではないのに毎年春が近づくと咲き出します。年によってたくさん咲くときと少ないときがあります。今年はまだ少ないですがこれから増えてくるのかもしれません。薄い紫の花が可愛らしい。
IMG_6068.jpg



ここにも蜂が飛んで来て蜜を吸い始めました。やはりニホンミツバチでしょうかね。
隣の草には毛虫も・・・(><)
IMG_6066.jpg
IMG_6067.jpg



この薄紫の花びらの姿が波(浪)が立っているように見えるのでしょうか。名前の由来らしいですが・・・
IMG_6069.jpg


シソ科のタツナミソウですが本土では4月以降に咲くようです。屋久島ではちょっと前の2月あたりから咲き始めましたよ。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
かわいい

この記事へのコメント

2020年03月09日 06:44
おはようございます。

タツナミソウ----いいですね。
薄紫色も、可憐です。
ハチも毛虫も、喜んでいるようです(笑)
福島で見るのはまだまだ先の話ですが。

福島の気温、予報では最高16度になるとか、やっと暖かさを実感できる、かもしれません。
屋久島ジージ
2020年03月09日 07:13
タツナミソウの色は本当に綺麗ですよね、行き当たりばったりさん。
スミレもそうですが薄紫は春の色ですかね。