暖流桜が5分咲き



毎年暖流桜の花を楽しませてくれる原集落にある「山河(やまんこ)公園」の状況を見てきました。例年ならばもう満開のはずなのですが、暖冬のせいでしょうかまだ5分咲きでした。桜にはやっぱり寒さを通り越すということも必要なんですね。ちなみにソメイヨシノも鹿児島での開花は九州で最南端にあるにもかかわらず毎年一番最後なんです。
さて、暖流桜とは屋久島のお隣にある種子島が発祥の地らしいのですが、ヒカンザクラに比べると薄いピンクが関東育ちの私にはソメイヨシノを連想させてくれる嬉しい桜なのです。
IMG_6091.jpg
IMG_6090.jpg
IMG_6083.jpg



青空に薄いピンクが映えます。
IMG_6092.jpg
IMG_6083.jpg



近くで見てみます。
暖流桜はこんな花です。
IMG_6086.jpg
IMG_6082.jpg
IMG_6088.jpg


ここ山河後年の暖流桜ですが数年前まではもっとたくさんあったのですが今では数本になってしまいました。これでは花見をしてもちょっと寂しいですね。
種子島から苗木を買って来てでも昔の姿に戻したいものです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年03月10日 18:42
今晩は。
暖流桜とは、面白い名前です。
いかにも九州の桜。

桜は成長力が強いので、庭には植えるな、と聞いたことがあります。
公園なら、どこに植えてもいいかも(笑)
屋久島ジージ
2020年03月11日 06:40
暖流桜はこちらに来て初めて知った桜ですが、ヒカンザクラなどと比べるとソメイヨシノに近い色合いで私も大好きな桜ですよ、行き当たりばったりさん。
どんどん枯れて少なくなってしまったのが何とも悲しいです。