一触即発



愛犬?豆太を連れて散歩中、突然豆太が止まり雑木林の方に私を引っ張った。
何だろうかと林の中を見たら一匹の野良猫が木に座っていました。豆太はその姿を見つけてそこに行きたい様子。野良猫の方は「来るなら来い!」と豆太を睨みつけた。豆太よりもよっぽど迫力のある顔だ。
正に一触即発だが二匹の間には小さな水の流れがあり、豆太は臆病なので水を越えられないのだ(笑)
IMG_6318.jpg
IMG_6315.jpg



それにしても野良猫はもの凄い形相だ。「負けてたまるか」と言っているかのようです。
まるでジャングルに住むピューマのようで百戦錬磨の顔だ。生きて行く上でいろいろな危機に遭遇しているに違いない。
IMG_6314.jpg
IMG_6317.jpg


野良猫は強い。最近我が家の周りでも野良猫が多くなっています。可哀そうだと思っているのか餌をあげる人たちがいるからどんどん増えるのです。餌をあげることを生き物を助けるボランティアだと勘違いしている人が多いのではないでしょうかね。
飼うなら家で飼って最後までしっかりと面倒見てあげるのが本当の愛情だと思うのだが・・・
豆太もきっかけは孫だったのですが縁があり飼ったのですから、毎日2度の散歩をし餌を与えています。ただし自然豊かな屋久島と言えども放し飼いはできません。豆太は自由に動ける野良猫を羨ましく思っているかもしれませんがね。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2020年04月04日 08:14
おはようございます。

確かにニャンコ、すごい面構えです。
生きていくためには弱い所は見せられませんね。

我が家のニャンコは暖かな部屋でヌクヌクで---軟弱です(笑)
屋久島ジージ
2020年04月04日 11:15
野良猫も生きて行くために必死なんですよね、行き当たりばったりさん。
野良猫に罪はありませんが、餌だけを与えて動物愛護だと思っている人が多いのはどうしてでしょうかね。
生まれて半年もすると子供を産むようになりどんどん増えて困っています(><)