遅く咲いたエゴノキの花の満開

屋久島南部ではすでに満開は過ぎほとんどが散ってしまいました。中には花がすべてなくなり葉っぱだけになった木もあります。 同じ屋久島南部でも場所によって花の咲く時期にはかなりの差があることが分かります。 そのことを証明するかのように散歩の途中で見つけたエゴノキは正に今が満開といった状況です。物凄い量の花が木全体に広がり見事だった…
コメント:4

続きを読むread more

シャリンバイ(車輪梅)の花

道すがら大きなシャリンバイの木があります。そのシャリンバイの木に今たくさんの花が咲いています。物凄い量です。 本土でシャリンバイに花が咲くのは6、7月ごろでしょうか。屋久島では1か月ほど早いですね。 この木の高さは5~6mもあるでしょうか。見上げて写真を撮りました。 葉っぱが車輪状になることから付け…
コメント:2

続きを読むread more

裏の小さな畑

家の北側にある小さな畑、耕しているのはほんの2坪ほどです。 この小さな畑、ずーっと放置していたのですが、「緊急事態宣言」が全国に出された今あまり外に出かけられないのでかあさんが久しぶりに耕したのです。 その小さな畑でかあさんがいくつかの野菜やハーブを育てています。ちょっと見てきました。 これはトマトですが生野菜…
コメント:2

続きを読むread more

遅かったか、ビワの収穫

畑のビワの木に生ったビワの実は袋掛けをして鳥にやられないように対処しました。ただ、外からは熟し具合が見えないのが難でした。先日(4月7日)の記事で試しに一つだけ袋をはがして確認した時はまだ熟していなかったのでそのまま放置しておきました。それから2週間余り、ボチボチ熟したろうと思い収穫することにしました。 脚立を準備し高い所の袋…
コメント:2

続きを読むread more

ブラシノキに花が咲いていました

自然に自生しているものではありませんが、ご近所さんの庭で珍しい花が咲いていたので写真に撮りました。 ブラシノキです。花全体が赤いブラシのように見えますね。珍しくて面白い花です。 調べるとブラシノキはオーストラリア原産でフトモモ科の植物だそうです。 近くで見ると本当に細長いブラシに見えますね。 …
コメント:4

続きを読むread more

これもアジサイ?

玄関を出たところにポッドに入った見かけない花がありました。昨日までは無かったのでかあさんが園芸店で買ってきたもののようです。 何の花だろうか?聞いたら「アジサイ」だと言う。えっ、こんなアジサイがあるんだとちょっとビックリしました。 もちろん人が交配して作り出した園芸種でしょうが。 確かにアジサイらしい部分も…
コメント:4

続きを読むread more

庭で育つ葉っぱもの

先日は我が家で咲いていたハーブの花をご紹介しましたが、今回は葉を食べる葉っぱものも元気に育っているのでそれをご紹介します。 葉っぱものが庭にあると料理をするときにちょっとしたアクセントとして使えるので便利ですね。 まずはセリです。葉っぱが元気に茂っています。サーッと湯がいて酢醤油で頂いたりします。葉っぱは柔らかいですが茎は少…
コメント:2

続きを読むread more

いつの間にかクレマチスがひっそりと

庭の垣根にしているケタンキ(ハマヒサカキ)の下でクレマチスがひっそり?と咲いていました。いつ咲いたのでしょうか、車で日に何回も通る場所なのに、全く気が付かず咲いた花に申し訳ないことをしました。 そういえば毎年この場所で今頃の時期に必ず咲いていたことを思い出しました。 背が低いので余計に目立たないのです。それに…
コメント:2

続きを読むread more

センダン(栴檀)の花が咲き始めました

屋久島南部にはセンダンの木が多く生息しています。普段はあまり気が付かないのですが、この時期になると薄っすら紫色で靄(もや)のかかったような感じで花が咲くのであーここにセンダンの木があったんだと改めて認識することになります。センダンの木はとっても大きく育つので天辺が他の木よりも上に出ていて花が咲くと直ぐに分かります。 写真、靄の…
コメント:4

続きを読むread more

庭で育てるハーブ類の花

ハーブ好きのかあさんは離れた場所にハーブ園を作っていますが家の庭でも何種類かのハーブを育てています。家の庭ならいつでも摘まんで利用できるからです。 そんな庭のハーブの中でタイムに花が咲いていました。結構可愛い花だったので写真を撮りました。 私はハーブについてあまり詳しくはないのですが調べるとタイムにもいくつか…
コメント:4

続きを読むread more

ヒルザキツキミソウ、こんな時期に咲いていたっけ?

夏にはあちこちで見かける雑草花のヒルザキツキミソウが道路わきの空き地で咲いていました。ん?今頃咲いていたっけ、分からなくなりました。 愛犬?の豆太も「え?」と言ったかのよう(笑) 左に咲いている青っぽい花はニオイバンマツリです。それと仲良く咲くヒルザキツキミソウの薄ピンクの花。 ヒルザキツキ…
コメント:5

続きを読むread more

長閑な風景ですが・・・

散歩の途中で海が見下ろせる場所にやって来ました。春らしい長閑な風景です。 海を眺めると一隻の船が見えました。 いつもなら普通に長閑な風景で終わるのですが、何しろ今は世界全体が新型コロナウイルスで大変な思いをしている時期ですからね、いったい何処に向かっているのでしょうか。 どうしても考えがそっちに行ってしまいます(><) …
コメント:2

続きを読むread more

繁殖力の強いナスタチウム

我が家のナスタチウムは10年以上前に地元の方に分けて頂いた一株から始まったのですが、その繁殖力は凄まじいばかりです。切っても切っても次ぐ次と生えてきて花壇の中を席巻しています。 花の色が橙一色なので花壇の中はどこもかしこも橙色に染まってしまいました。 植木鉢からもはみ出て他の植物を隠してしまうほどです。 …
コメント:2

続きを読むread more

ニオイバンマツリが咲き始めました

強烈な匂いを放つニオイバンマツリが花を咲かせ始めました。 県道沿いに植えられているニオイバンマツリ、過日は新芽が黒いことを記事にしましたが、ついに花の季節に入ったようです。まだ下の方だけで咲いていて数も少ないのでそれほど強烈な匂いは感じません。もう少ししたらここを歩くだけで匂いが伝わって来ることでしょう。 咲き始めた県道沿い…
コメント:2

続きを読むread more

「いないいないばあっ!」をする花

南側の庭に地植えしたリビングストーンデイジーが毎日元気よく咲いています。時々毛虫に葉っぱや花を齧られながらも頑張っています。カラフルで派手なのでパーッと明るくなるような花です。 この花は面白い花で開いたり閉じたりを繰り返します。同じ花が毎日まるで「いないいないばあっ!」をしているように見えます。 まずは「いないいない」状態か…
コメント:2

続きを読むread more

黄色のジュータン

先日はエゴノキの花が散り白いジュータンのようになった農道の様子を記事にしましたが今度は黄色いジュータンが我が家に出来つつあります。 家の東側にある花壇と家の間のレンガ道が黄色く染まっています。これは花壇の中にあるキソケイに咲いた黄色い花が散ったものです。 キソケイの花もエゴノキの花と同じように花びらでなく…
コメント:2

続きを読むread more

ようやくエゴノキの花が

待ち焦がれていた?エゴノキの花がようやく見頃になりました。新緑と白い花が同時に観られます、 近くの農道を歩いていると所どころ白いジュータンが出来始めています。咲いたエゴノキの花が地面に散り落ち、その数がだんだん増えてきています。 豆太もキョロキョロ。 地面に生えているコケの緑、落ちた葉の茶色そして散ったエゴ…
コメント:2

続きを読むread more

ワトソニアが咲いています

ワトソニアはちょっとグラジオラスに似た花ですが種族は違います。 南アフリカ原産の花で屋久島南部でも多く植えられていてあちらこちらで見かけます。ただ本来は白、赤、オレンジやピンクといろいろな色があるはずですが、屋久島南部で見られるのはほとんどすべてがピンク色なのは何故なのでしょうか。謎です。 まずは家の前の空き地に咲いたワトソ…
コメント:2

続きを読むread more

ヤクシマオナガカエデの色変化

3月23日の記事でヤクシマオナガカエデの新芽が赤いことを記事にしました。毎日通る場所なので少しずつ葉の色が変化している様子を観察しています。毎日見ていると色の変化は逆に気付きづらいのですが、日にちを開けて撮った写真を見直すとその変化は実に顕著なので載せておきます。 まずは3月19日撮影。新芽が出て間もないころですかね。葉は全て…
コメント:2

続きを読むread more

バナナの実

放置しっぱなしの畑のバナナをちょっと覗いてみました。去年は強風でかなりの本数が倒されてしまいましたが、バナナは根っこが残っていれば無くなることはありません。根から芽が出て新しい茎が次々と出てきます。 見まわした結果2本の木に実が付いていました。 1本目です。実の下についている紫色の中に花?が入っていてそれが次々と実になります…
コメント:2

続きを読むread more

早くも花を付けるミカンの木

つい1か月ほど前に収穫の終わったミカン類の木ですが早くも次の実を作るための花を人日し始めましたよ。 我が家の畑には数は少ないですがポンカン、タンカン、コミカンそしてレモンなどの柑橘類の木が植えてありますが、ほとんどの木が白い花を咲かせ始めました。収穫が終わるとすぐに花を付ける柑橘類、休む暇がありません(笑) こちらはタンカン…
コメント:4

続きを読むread more

綺麗なアサギマダラの姿

ハンダマ(金時草、水前寺菜などの名前があります)の花が咲いていました。花を見ていたら一匹(いや正確には一頭ですが)のアサギマダラが飛んで来て花の蜜を吸い始めました。アサギマダラは1000km以上もの距離を飛ぶことで知られています。屋久島でも東北から飛んできたアサギマダラが確認されたりしています。 この一匹は果たしてどこから飛来…
コメント:4

続きを読むread more

身近にあったレンゲの群生

畑(ハーブ園)に行ってあっと驚いたことがありました。 先日道端で見つけた僅かなレンゲの花を記事にしました。その折、今はレンゲの群生が見られなくなってしまったと書きましたが、何とここにあったではないですか。灯台下暗しとはこのことですね。 道端のものとは比べ物にならないほど群生しているではありませんか。 こ…
コメント:2

続きを読むread more

ビワは摘果と袋掛けをすべし

畑(ハーブ園)で今度はビワの木をチェックしました。家の裏のビワの木はほとんど放置状態ですが、畑のビワの実はしっかりと袋掛けをしてあります。これは畑の草払いをお願いした「便利屋さん」の方が実を摘果してさらに袋を掛けてくれたのだとか。ありがたやです(^^) 畑のビワの木は2本あり、いずれの実にも袋が被せてありました。 1本目。 …
コメント:2

続きを読むread more

花桃

久しぶりに行った畑(ハーブ園)なのでメインのナニワイバラのほかにもいろいろな写真を撮ってきました。 ハーブ園の一番奥の隅っこに正に桃色の桃の花が咲いていました。 モッチョム岳をイメージした置き石の脇で花を咲かせていた桃の木の姿。 こちらは本物のモッチョム岳をバックに写真を撮りましたが、モッチョムの頂上が雲に…
コメント:2

続きを読むread more

ナニワイバラが咲きました

去年はあまり咲かなかったかあさんの畑(ハーブ園)のナニワイバラが咲いたというので久しぶりに畑に行って来ました。 ハーブ園の入り口から見ると向こうのパーゴラの上に確かにナニワイバラの白い花が咲いていました。 でも数年前の最高に咲いたときに比べるとちょっと寂しいかな。 入り口のゲートの左側でも少し咲いています。 …
コメント:2

続きを読むread more

一触即発

愛犬?豆太を連れて散歩中、突然豆太が止まり雑木林の方に私を引っ張った。 何だろうかと林の中を見たら一匹の野良猫が木に座っていました。豆太はその姿を見つけてそこに行きたい様子。野良猫の方は「来るなら来い!」と豆太を睨みつけた。豆太よりもよっぽど迫力のある顔だ。 正に一触即発だが二匹の間には小さな水の流れがあり、豆太は臆病なので…
コメント:2

続きを読むread more

イペー(キバナイペー)の花が咲いています

このところ屋久島南部の県道を走っていると黄色い花を付けた木が目立ちます。毎年この時期になると咲くイペーという花木です。このイペーの花はブラジルの国花にもなっています。 近年日本でも人気が出てきており九州以南の温かい場所ではこぞって栽培されているようです。屋久島でもここ数年でかなり増えました。 ブラジルではもっと木がぎっしりと…
コメント:4

続きを読むread more

これはガガイモの花

毎年この時期になると小さな花をビッシリと付けるのがガガイモ類です。 本ブログでも何回か記事にしたのでご存じの方もいるかと思います。 農道を歩いていたら今年もいっぱい咲いていました。キョウチクトウ科の植物なので葉が細長いですね。ガガイモは蔓性なので他の木に巻き付いたりしてどんどん伸びて行きます。 こちらでも咲…
コメント:2

続きを読むread more

ポリジの花が咲き始めました

庭の花壇の中で青くて星形の小さな花が咲いていました。ポリジの花です。 ハーブ大好き人間のかあさんが植えたものが咲き出したのでかあさんも大喜び。 ポリジはハーブの仲間でその花を生のままや砂糖漬けそしてハーブティーなどにして食すそうです。いろいろな効用があるようです。 写真は咲き出したポリジの花です。葉っぱが毛虫に齧られて穴が…
コメント:2

続きを読むread more