野生のクチナシが咲く



私の住む屋久島南部の雑木林には数多く野生のクチナシが生息しています。その野生のクチナシが今花を付けています。野生のクチナシは6弁の花びらを持つ純白な花です。咲いたばかりは純白なのですがすぐに黄ばんでしまいます。ですから本当に真っ白な花は滅多にお目にかかれません。
最初の1本です。
IMG_6734.jpg
IMG_6733.jpg



辛うじて白い花を見つけました。それでももう黄ばんできていました。
IMG_6732.JPG



こちらはすでに黄ばんでしまった花です。食品に黄色い色付けをするのにクチナシを使うのはこういう訳なんですかね。
IMG_6735.jpg



次の1本を見つけました。こちらの方が白いままの花が残っていましたよ。
艶やかな葉っぱの緑に白が映えています。
IMG_6747.jpg
IMG_6747.jpg


クチナシの花は歌にもありますが染色に使われるのはその実なんです。花が終わると黄色くて固い実が生ります。その実を使って布を染めたりします。綺麗な黄色というか黄土色に染め上がります。
クチナシの花はまた香りも良いですね。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

てふてふ
2020年05月20日 09:47
イワカワシジミという蝶は屋久島を北限とし、クチナシのみを餌にしています。
クチナシの実に穴が開いていることがありますが、幼虫が入っていた証拠です。
今の時期に、クチナシの蕾に卵が付いていたり、穴が開いていたりしたら、この蝶がいる証拠です。注意しないと気が付きませんが・・・。
屋久島ジージ
2020年05月20日 14:20
黄色黄みが生るころよく穴の開いたものを見かけます。
それもほとんどの実がやられています。
イワカワシジミですか、おかげで謎が解けましたよ、てふてふさん。ありがとうございました。
2020年05月21日 07:16
おはようございます。

クチナシの花の野生株ですか!
かわいらしい花です。
香りは----忘れられないですね。
甘い甘ぁ~い香りです(笑)
屋久島ジージ
2020年05月21日 09:35
近くを通ると甘ーい香りが漂ってきますよ、行き当たりばったりさん。自然の中でこんな香りを楽しめるなんて贅沢ですね
(^^)