ノアザミの蜜を吸う黒いアゲハチョウ



農道脇に咲いているノアザミの花、すでに盛りは過ぎており花の色も薄くなってきました。そんなノアザミの花に一頭の黒いアゲハチョウが飛んで来て懸命に蜜を吸っていました。こんな花でも蜜は出るのかな?思いました。そして一生懸命に蜜を吸っていて私が近づいても逃げる気配はありません。なのでスマホを取り出し写真を何枚も撮れました。
いろいろな角度から撮った写真です。
背中から。
IMG_6797.jpg
IMG_6804.jpg
IMG_6799.jpg



裏から。
IMG_6801.JPG
IMG_6800.jpg



両脇から。
IMG_6802.jpg
IMG_6798.jpg


これだけ写真を撮っていても気が付かず?懸命に蜜を吸っていました。でもとても蜜が十分にある花には見えませんでしたけどね。よっぽどお腹が空いていたのでしょうかね(笑)
後から調べたのですが、この黒いアゲハはオナガアゲハのメスのようです。
実はオナガアゲハとジャコウアゲハが非常に似ていて区別が難しかったのですが翅に付いている橙色の紋様が丸いのでオナガアゲハとしました。もしかしたら間違っているかもしれません。
ちなみに屋久島では何故か黒いアゲハチョウが多く生息しています。普通のアゲハチョウやアオスジアゲハは見かけることが少ないですね。そして本土のものと比べると体が少し小さいような気がします。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2020年05月26日 06:50
おはようございます。

素敵な写真です。
黒い蝶ですね。好きです。
我が家では、反対でアゲハしか来ないようです。
クロアゲハなど、黒い蝶に来てほしいのですが----。
食草が、違うのかもしれません(笑)
屋久島ジージ
2020年05月26日 09:10
同じ日本でも地域によって多く生息する蝶が変わってくるのは面白い現象ですね、行き当たりばったりさん。
屋久島では普通?のアゲハチョウやアオスジアゲハを見かけると珍しいなと感じるから不思議です(笑)