初めて新庁舎に入る



7月12日の日曜日は鹿児島県知事の選挙日ですが、たまたま宮之浦に用事があり車で出かけたので期日前投票をしておくことにしました。
屋久島町で期日前投票が出来る場所は、空港の近く小瀬田地区に新しく建てられた屋久島町の新庁舎だけです。
期日前投票をするために初めて新庁舎に入りました。世間一般の庁舎のイメージとは全く違い贅沢を尽くした?和風の建物です。屋根は瓦葺で平屋作りです。とても庁舎には見えません。
IMG_7188.jpg



広い駐車場にはEV(電気自動車)用の充電設備もありました。
IMG_7189.jpg



投票用紙引き換えはがきを持ち、庁舎に入ります。これが正面玄関。期日前投票所の立て看板があったので間違いありません。
IMG_7190.jpg



入ると直ぐ新型コロナ対策のアルコール消毒液が置いてあり、これで手を消毒しました。
IMG_7191.jpg



広―い投票所に立会人がポツポツと数人だけ。なんと贅沢な投票所であろうか。
ソーシャルディスタンスは十分すぎるほどですね。運動会でも出来そうです(笑)
こんな立派な所で投票しても一票は一票なのでしょうね(笑)
IMG_7192.jpg
IMG_7196.jpg



投票したついでにちょっとだけ新庁舎を覗いてみました。
何と!こんな立派な中庭があるんです。いや~贅沢ですね~。
サッカーでもやるのかな(笑)
IMG_7194.jpg



こちらが職員が働いている事務所のようです。こちらも広い。
造りはすべて屋久島でとれた木材(おそらくは杉)で構築されているようです。
IMG_7198.jpg
IMG_7197.jpg


初めて庁舎に入りましたがあまりの贅沢さにビックリしましたよ。厳しい町財政なのに何故こんな新庁舎を建てたのでしょうかね。まるで奇抜なホテルかなと思えるほどです。まあ町長にしてみれば自分の代で造ったたというレガシーを残したかったのでしょうが、政策で示してほしかったですね。
私は屋久島町が町営で観光客相手のリゾートホテルに改築したら少しは財政に補填できるのにな~と思いましたよ(笑)
基本的に私は本ブログであまり自分の政的な心情や意見を物申すことは避けているのですが、さすがにこの豪華?な庁舎を見て書いてしまいました。こんな小さな町で20億円以上かかったと聞いています。町長が立派な志を持った人ならまだしも、出張旅費で私腹を肥やすようなことをやった人ですから余計に書かざるを得ませんでした。
残念です(><)


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2020年07月10日 08:37
おはようございます。

なんともコメントのしようがありません。
が、確かに、地元の木材を使っての建物、
立派ですね。
屋久島ジージ
2020年07月10日 09:00
はい、立派な建物です。でも噂によると完成直後から雨漏りがしていたとか。また先日の雷の時落雷し瓦が破損したというニュースもありました。避雷針が無いということでした。何故?ですね。
何しろ20数億円かかったと言われている建物ですから有効活用されることをお願いするばかりですよ、行き当たりばったりさん。
ヨカニセ
2020年07月16日 17:04
じーじーさんが批判的なコメント初めて拝見いたしました。
的を射た内容に感服しています。
果たして本町の財政状況で24億もかける必要があったのか?
おっしゃる通り、政策で示してほしかったには賛同いたします。
建設的な批判コメントはよろしいのでは、、、、?
屋久島ジージ
2020年07月16日 21:02
恐縮です、ヨカニセさん。
行政に関わることを私のような後期高齢者が言うのはいかがなものかと思いますが、あの庁舎を見ては言わざるを得ませんでした。
航空券疑惑?で町長は本日書類送検されたそうです。あとは検察次第ですが、しっかりと起訴する勇気を持ってほしいですね。権力に厳しく正しい判断を期待します。
ヨカニセ
2020年07月18日 15:11
有難うございます。
正義は必ず勝つを信念として頑張ってまいります。
屋久島ジージ
2020年07月18日 18:20
屋久島に住まわせていただいてからかれこれ15年になります。まだまだ新参者の私ですが頂いた選挙権だけは放棄せずに使用してきたつもりです。
ごくごく普通の人間として年老いた私は選挙の時に自分が信じる人に投票するのが唯一の国政、県政そして町政への参加義務なのではないでしょうか。
現代の若者が私たちの青春時代のように権力へ物申す熱い志が見られないのはちょっと残念な気がしますね、ヨカニセさん。