猿に食べられたパパイヤのその後



先日記事にしたパパイヤの続きです。猿(ヤクザル)にすべての実が食べられてしまったパパイヤの木です。その後も上に上にと伸びています。
パパイヤの木は枝や実が落ちた跡が幹に残ります。そしてそれより下には枝や実は出来ません。だから幹の下の方はどんどん長くなるのです。
IMG_7366.jpg
IMG_7369.jpg




で、上の方を見たら花が咲いていてさらに小さいですが次の新しい実が出来ているではありませんか。かなり高い所で3mくらいはあるでしょうか。とても人間の手には負えません。
IMG_7367.JPG
IMG_7368.jpg



こちらはおまけです(笑)
幹を眺めていたら何か小さなものがくっ付いていました。セミに抜け殻でした。しかも2個あります。たぶんこのパパイヤの木の下で幼虫期を過ごし、幹を伝って出てきたのでしょう。そしてここで羽化し飛び立った足跡です。兄弟のセミですかね。
IMG_7370.jpg
IMG_7372.jpg



今の時期鳴いているのはアブラゼミが多いのでこの抜け殻もアブラゼミのものと思われます。
IMG_7371.jpg


パパイヤの幹はどんどん伸びてこのようにセミのためにも役立っているのですね。
人間には届かないような高さに出来た実ですが猿にとってはまったく関係ありませんから、この新しい実もお猿さんのお腹に納まることになるのでしょう。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2020年08月04日 07:46
おはようございます。

パパイヤの木、ずいぶん伸びています。
またおさるさんに実を提供ですね、きっと(笑)

セミの抜け殻を発見とは、面白いです。
得した気分になりますね(笑)
屋久島ジージ
2020年08月04日 09:54
このセミ、パパイヤの樹液を吸ったのでしょうかね。きっと美味しい味がしたことでしょう(^^)
パパイヤはお猿さんのために作っているようなものですよ、行き当たりばったりさん(><)