ゴンズイ(権翠)の実



農道沿いに多く見られる木のひとつがゴンズイです。変な名前です。ゴンズイと言うと私はどうしても魚のゴンズイを思い浮かべます。エラに毒があり触ると大変なことになる魚です。昔、海で会社の人が被害を受け救急車で運ばれたので記憶に残っているのです。
ゴンズイという名前の木、魚のゴンズイと同様に“役に立たない”ことから付けられたという説があります。私は屋久島に来てからゴンズイという樹木があることを知りました。
写真の木は比較的大きなゴンズイの木です。
IMG_7695.jpg



そのゴンズイの木に赤い実が生っていました。春に地味な花を咲かせそれが結実し熟してきたものです。
IMG_7696.jpg



よく見ると実の中に黒い豆のようなものがあるのが分かります。これがゴンズイの種子ですね。一つの花から3個の実が出来るそうです。
IMG_7698.jpg
IMG_7722.jpg


役に立たない木でもこうしてたくさんの種子を作り子孫を残そうとします。まあ歩いていて赤い果実が目に入りますからちょっとしたアクセントにはなっています(笑)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2020年09月18日 08:17
おはようございます。

ゴンズイのいわれは、面白いですね。
このような実を作る木は、いくつかあるようですが、この実、結構人気になっています。
写真写りがいいですね(笑)
屋久島ジージ
2020年09月18日 14:26
確かに、調べたら園芸店でも苗木が売られているようです。
役に立たない木にお金を出す人もいるんですね、行き当たりばったりさん(笑)