増えすぎるランタナ



家の周辺で雑草にも負けずどんどん増えている植物があります。ランタナです。
ランタナは南米原産の可愛い花です。その花の色から和名ではシチヘンゲ(七変化)と呼ばれているそうです。
我が家の東側の斜面でも猛繁殖しており、勢力を拡大しています。
そんなランタナに今花と共に実が生っています。その実の数が半端ではなく物凄い量です。なるほど繁殖力が強いのもうなずけます。
これがランタナの花と見です。
南米原産なので寒さには弱いとされていますが、ここ屋久島は寒くなったとはいえ20℃を越えていますので生き生きとしていますね。
IMG_8093.jpg
IMG_8091.jpg



こちらは花のアップです。可愛い花ですが暖かい地方では増えすぎるのであまり植えてはいけないそうです。
IMG_8089.jpg
IMG_8090.jpg



そしてこちらが実のアップです。小さなブドウのような感じで可愛いですがその量が・・・
IMG_8086.jpg
IMG_8087.jpg



今屋久島の雑草地を席巻しているのはシロバナセンダングサですが、写真でもわかる通りシロバナセンダングサの群生に割って入りランタナが実を付けています。
トゲトゲの実はシロバナセンダングサの種です。両方ともすごい数です。熾烈な戦いが続くのでしょう。
IMG_8084.jpg


ランタナはよっぽど屋久島の気候に合っているのでしょうね。雑草地でもよく見かけるようになりました。今はシロバナセンダングサに乗っ取られていますがいずれランタナがその座を奪うかもしれません。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

2020年11月13日 08:15
おはようございます。

屋久島では、繁殖力が強く雑草扱いの(笑)ランタナですが、こちらではお宝扱いです。小さいながら整った花、色もいろいろで、素敵です。
シロバナセンダングサと縄張り争い---。
どちらに肩入れしても、あまりいいことはないのでしょう(笑)
屋久島ジージ
2020年11月13日 14:04
ところ変われば花の価値も変わるのですかね。確かに冬の寒いところでランタナは繁殖出来ないかもしれませんね、行き当たりばったりさん。
うりこ
2020年11月20日 17:55
お久しぶりです。
ランタナも選抜された園芸品種は種が付きにくく、そのぶん花数が多くて大輪です。我が家でも時々ランタナが芽生えてきますが、こぼれ種で増えてくるのは、在来種だけです。これは確かに要らないかな。
屋久島ジージ
2020年11月21日 09:36
お久しぶりです、うりこさん。
やっぱり人間が作り出したものよりも自然に自生しているものの方が強いのですね。ランタナの在来種も元と言えば海外から入って来たものでしょうが、屋久島の気候に合っていたのでしょうね。