サツマサンキライの花

屋久島南部ではいたるところでサツマサンキライという蔓性の植物が自生しています。サツマサンキライの葉っぱは屋久島名物?の「かからん団子」を包むのに使われます。今は作る人が減ったので需要も減少しているようですが、15年前、移住したころにはこの葉っぱを採取する人たちが結構いたものです。 そのサツマサンキライに今花が咲いています。球形…
コメント:2

続きを読むread more

カンヒザクラ(寒緋桜)満開

県道沿いでカンヒザクラ(寒緋桜)が満開になっていました。ついこの前咲き出したと思っていたらこのところの異常気温の温かさで一気に満開になったようです。 カンヒザクラはヒカンザクラ(緋寒桜)とかタイワンザクラ(台湾桜)またヒザクラ(緋桜)とも呼ばれるバラ科サクラ属のサクラで最初に咲き出すサクラです。 県道沿いのこの場所には20本…
コメント:2

続きを読むread more

大きくて見事な虹の姿

曇り空、風に吹かれた霧雨が微かに舞っているような天気でした。散歩に出たら山裾から海まで大きな虹が掛っていました。実に大きなそして見事な虹です。 雨の多い屋久島で虹は決して珍しくはありませんが、何だか久しぶりに見た大虹です。 あまりに大きいので一枚の写真に入り切りません。これが精一杯でした。 少し歩いたところ…
コメント:2

続きを読むread more

ローズマリーの古木に咲く可憐な花

庭の花壇の中や鉢植えでローズマリーなどのハーブ類を育てています。ハーブ大好き人間のかあさんは畑でもハーブを植え家でも植えていて生活の中どこにもハーブがいるのです。 今、庭のローズマリーが可憐な花を咲かせています。小さなブルーの花がたくさん付いています。このローズマリーはかなりの古木?ですでに木と言っていいでしょう。根元の方はま…
コメント:4

続きを読むread more

異常気温

ここ数日屋久島南部は暖かいを通り過ぎてもう暑いと言った方が正解です。まだ1月だというのにどうしたことでしょう。 連日20℃を越しているのでエアコンは必要ありませんでした。今月の電気代はいくらか安くなると思います(笑) 特に暑かったのは24日の日曜日です。朝起きたときから室内温度は20℃を越えていましたから窓を開けて空気を入れ…
コメント:2

続きを読むread more

ムラサキカタバミの群生

昨日の記事でハート形の三つ葉いわゆるカタバミの話を書きましたが、散歩の途中でカタバミが大量群生している場所を見つけました。これは完全に野生すなわち雑草です。 このカタバミはムラサキカタバミと言います。ちょうど花が咲いていました。 凄い群生でした。 葉っぱを観察するとやっぱりハート形の三つ葉です。 …
コメント:2

続きを読むread more

ハート形の三つ葉

庭の花壇の中でヒョロヒョロと首を伸ばし黄色い花が咲いています。あまりに首が長いので鉢から飛び出て地面に垂れています。 この花の名前は何かなと調べてみました。 特徴的なのはハート形の三つ葉です。これはカタバミの特徴だそうです。 よく観察すると黒っぽいというか紫色の小さな斑点が葉っぱにあることに気が付きました。…
コメント:4

続きを読むread more

猫の勝ち?

夕方、愛犬?の豆太と散歩するのが日課となっています。最近体の衰えを色々な場面で感じることが多くなってきたので、せめて散歩だけは続けようと頑張っています。 で歩いていたら突然豆太がリードを引っ張って走り出しました。油断したら転ぶくらいの勢いで危ないところでした。 前に野良猫がいたのです。豆谷に気が付いた野良猫は脱兎のごとく逃げ…
コメント:2

続きを読むread more

目立つハゼノキ

冬の屋久島南部、耐寒が過ぎ少しずつ春の兆しが見えてきました。何よりも日中の温かさが老体にはありがたいです。 それでも朝晩や陽が陰った時に風があると寒さを感じます。 こんな時期、雑木林は花もなくシンとしています。そんな中唯一目立っているのがハゼノキです。紅葉が見られない屋久島南部でハゼノキだけが紅葉を演出しています。 雑木林…
コメント:4

続きを読むread more

神秘的な光景

夕方5時半ごろ、温泉帰り海の臨める高台にさしかかるとちょうど雲間に陽が落ちるときでした。日没までにはまだ20~30分ほどある時間帯です。黒い雲が陽を遮っていて合間から光のカーテンが降りていました。この現象は「薄明光線」と呼ばれる現象で太陽の光が雲間から漏れて放射状に広がるものです。いわゆる天使の梯子とか天使の階段とか呼ばれていま…
コメント:2

続きを読むread more

ハンダマの花

家の裏に回ってみたらもうハンダマの花が咲いていました。 去年のブログを調べるとこのハンダマの花を記事にしたのは2月19日でしたから今年は咲き出すのが少し早いのかもしれません。 ハンダマは標準和名を水前寺菜と言いますが、他にも金時草や式部など数多くの別名を持つ植物です。キク科の植物で、原産は熱帯アジアだそうです。屋久島でもよく…
コメント:4

続きを読むread more

除草剤散布の圧縮噴霧器

この時期にしては珍しく温かくていい天気が続きました。そのため庭の芝生に雑草がたくさん生えてきました。もともと芝生が弱っているうえに色々な種類の雑草が次々と出てきて困りました。何回も手で抜いてみたのですが、チドメグサの根は四方八方しかも深く浸透していて退治できませんでした。 そこで除草剤を撒くことにしました。説明書を観ると100…
コメント:3

続きを読むread more

ブーゲンビリア

ハイビスカスと共に南国のイメージがある花にブーゲンビリアがあります。屋久島でも至る所で見かけます。育て方によっては蔓が伸びるように長く長く伸ばして咲かせることも可能です。 家から歩いて県道に出て5分ほど歩いたところにこのブーゲンビリアが大量?に茂っているところがあります。以前はもっと満遍なく広く、まるで滝のように咲いていたので…
コメント:2

続きを読むread more

収穫を待つタンカン畑

1月も半ば、屋久島ではあとひと月もせずにタンカンの収穫が始まります。ちょうど12月から始まったポンカンの収穫が終わったところです。今度はタンカンの番です。 畑を観てみると色付いたタンカンの実がたくさんぶら下がっています。 もういつでも収穫が出来そうですね。 ただ風でこすれて傷ついたり、ヒヨドリに突っつか…
コメント:2

続きを読むread more

宝石のようなクサギの実

農道を歩いていたら葉っぱが傷んだクサギの木を見つけました。虫に喰われ風に吹かれ葉はボロボロ状態でした。でもよく見ると実を付けていました。実はだいぶ前に生ったのでしょうがまだ残っていました。 この枝には一粒だけ青い、いや藍色の実が・・・綺麗です。 赤い愕(ガク)も艶々と光って美しい。 下の方に…
コメント:2

続きを読むread more

エアコンの修理

この冬は屋久島も特に寒さが厳しいです。我が家はエアコン以外の暖房器具を持っていないので、エアコンは必須です。居間に設置しているエアコンは設置してからもう10数年過ぎました。エアコンの機能としては暖房も冷房も問題ないのですが、ここ1、2年暖房の時だけ何故かカタカタと音がするのです。機能的に問題ないので放置して使っていたら、この冬音…
コメント:2

続きを読むread more

落葉したアブラギリ並木

私のお気に入りの場所の一つが健康の森公園駐車場近くのアブラギリ並木です。並木と言っても20本程度のアブラギリが植えられているだけです。 アブラギリの楽しみ方は、春の新芽、初夏から夏の白い花、夏から秋にかけての多くの実、晩秋の黄葉そして冬の落葉といろいろあります。私は週に3回もテニスをするためにここを観察しているのでその変化が目…
コメント:2

続きを読むread more

シロハラ

毎年このシーズンになると屋久島の里で多く見かけるのがシロハラという野鳥です。 この鳥、変わっています。あまり高く空を飛ばず、地面すれすれを飛ぶのです。移動は両足でピョンピョン跳ねて進みます。 庭に一羽のシロハラが入ってきました。容貌からメスだと思われます。シロハラは名前の通りお腹が白いのです。また尾羽の両脇が白いので跳ねたと…
コメント:2

続きを読むread more

娘からの誕生日プレゼント

誕生日から5日後、東京に住む娘から誕生日プレゼントが届きました。東京は今コロナ禍で大変な時期です。そんな中でも父親の誕生日を祝ってくれたのには心からの感謝です。 息子も二人いますが男の子は父親の誕生日なんてとっくに忘れていると思います。まあ、自分を振り返れば同じことですがね(笑) 箱には「お誕生日おめでとう」の熨斗紙が。 …
コメント:2

続きを読むread more

寒さの中、元気なナスタチウム

ここ数日朝の気温が10℃を切る日が続き寒さが身に染みます。北東部の山々には雪が降り山頂は真っ白でしたからね。 私の住む屋久島南部はそれでも暖かい方なのです。庭にはバラなどが咲いています。そんな中どんどん増え続けているのがナスタチウムです。葉や花をサラダなどに混ぜて食べるハーブですかね。 花壇の中や鉢の中で青々とした葉がいっぱ…
コメント:2

続きを読むread more

2021年新春団体戦

1月10日の日曜日、「健康の森公園テニスコート」で今年最初のテニス大会である新春団体戦が行われました。当日は曇り空、時折小雨が降るような寒い日でしたが、何とか大会は最後まで出来ました。 大会は集まった12名を3名ずつ4組に分け各組の総当たりで行われました。一人が全部で6ゲームもやるので、試合は4ゲーム先取ということにしました。…
コメント:3

続きを読むread more

フウセントウワタ

家の東側の斜面に植えてあるフウセントウワタ、大きな風船状の実が秋ごろから生っています。1か月くらい前までは緑色していたのですが、寒さのせいでしょうか赤く紅葉?しています。そして一部の実が裂けて中から白い綿毛が飛び出してきました。つい1日前まではびっしりと白い毛が詰まった状態でしたがこの日は雨、中の綿毛が濡れてしまい惨めな状態にな…
コメント:3

続きを読むread more

テニスコートから観る冠雪

1月8日は私の誕生日でした。寒い、寒い朝でした。でもこの日はテニスの練習日、テニスコートに行くのが億劫でしたが自らを奮い立たせて出かけましたよ。 テニスコートの駐車場に着くと、何と、何と目の前に広がる山々が雪化粧していました。寒いはずです。車についている温度計の外気温は6℃でした。山の上は間違いなく氷点下なのでしょう。 屋久…
コメント:2

続きを読むread more

サキシマフヨウの種子

今の時期農道を歩いていると秋に咲いたサキシマフヨウが実?を付けた姿を多く見かけます。1本の木で数え切れないほどの実が生っています。また1つ1つの実の中にはさらに数え切れないほどの種子が入っています。一体全体どれだけの種が排出されるのでしょうかね。 生っている実の数 X 1個の実の中の種子の数 = ? もう…
コメント:2

続きを読むread more

ホーリーバジル

ハーブ栽培が趣味?のかあさんがこのところはまっているのがホーリーバジルというバジルの仲間です。畑にも植えてありますが家の庭にも鉢と花壇の中で育てています。 庭にあると簡単に採取できますから便利ですね。 鉢と花壇のホーリーバジル、薄いピンクの花が微かに咲いています。 ホーリーバジルはもともと熱帯の植物のようですが、屋久島とは…
コメント:2

続きを読むread more

ツワの花の終わり

12月頃から咲き始め農道脇を黄色で明るく染めていたツワブキの花もぼちぼち終わりが近づきました。あれっ、まだ1月の初めなのにもう終わり?こんなに早かったっけ。私の記憶違いかツワの花はもっともっと咲いていたような気がします。 まだこのように咲いている場所はありますが、花の数が圧倒的に減りました。 こちらはまだ…
コメント:2

続きを読むread more

この寒さの中バラが咲く

屋久島も年が明け益々寒さが強くなってきました。とくに朝晩、老体には寒さがこたえます。 そんな寒さの中でも庭でピンクのバラがたくさん花を付けました。このバラは四季咲きのバラなので春夏秋冬いつでも咲くのですが、さすがにこの寒い冬に咲いてくれると嬉しいものです。 直径3cmほどの小さなバラですが、淡いピンクがも…
コメント:2

続きを読むread more

元旦に間に合わなかったお節料理

また屋久島が離島である宿命を感じた話です。今度はお節料理が元旦の朝に食べられなかったのです。 年末の30日と31日の屋久島いや鹿児島県全体は強風と寒波で大荒れの日でした。当然海も大荒れで波が高くすべての船(フェリー)や飛行機が欠航となってしまいました。 娘と孫がやって来るということで事前にお節料理のセットを頼んでおいたのです…
コメント:2

続きを読むread more

幸志郎帰る

たった4泊5日でしたがコロナ禍の中、PCR検査を受けてまで顔を見せに来てくれた娘と孫の幸志郎が東京に戻っていきました。このところ東京の感染者数が大幅に増えているのでちょっと心配です。 幸志郎が4日から学校なので1日余裕をもって2日の飛行機で帰る予定で組んだそうですが、あまりにも短い滞在でした。しかも家からずーっと出ないで過ごし…
コメント:2

続きを読むread more

幸志郎の年末年始

孫の幸志郎が屋久島で年末年始を過ごしました。 コロナの影響で冬休みが短く、わずか4泊5日で2日の日にはもう帰っていきました。コロナで休校が多かったため4日からは学校だそうです。 屋久島に来てもどこにも出かけられず家で過ごす毎日でした。しかも年末は強風と寒波で寒い日が続き、幸志郎にはちょっと気の毒な年末年始でした。 PCR検…
コメント:2

続きを読むread more

テニス、打ち納め

昨年12月28日は2020年テニス打ち納めの日でした。 2020年はコロナの影響もあり、テニスコートが使用禁止になりテニスの大会もいくつか中止になったりしました。 この日は年末にしては暖かく気温も20℃近くあり、青空もでていました。ただ時折風が強くなりボールがかなり影響を受け、打つのに苦労しました。 年…
コメント:2

続きを読むread more

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。 コロナ騒動が始まってからかれこれ1年になります。去年起きたいろいろな出来事は終戦の大変な時代を生きてきた私にもすべて初めての経験でした。特に行動が制限されるのは何よりも辛いですね。ワクチン開発が進んでいるので今年中には何とか治まってほしいものです。 さて元…
コメント:2

続きを読むread more