フトモモ(ホウトウ)の花が咲き始めました



屋久島の川の近くというか水際には必ずと言っていいほどフトモモの木が生えています。正式名はフトモモですが屋久島では「ほうとう」と呼ばれています。
写真は毎日のように渡る近所の川です。
IMG_9102.jpg



この小さな川の水際にもフトモモが自生しています。写真に写っている細長い葉はフトモモの葉です。
IMG_9093.jpg



こんな葉っぱです。
IMG_9099.jpg



葉っぱ越しに見た川の姿、雨上がりなのでいつもより水量があります。
IMG_9098.jpg



良く観察したらもう白い花が咲き始めていました。白いイガグリのようにも見えます。白いフサフサした花びら?がたくさん付いています。
IMG_9094.jpg
IMG_9095.jpg
IMG_9097.JPG


花が終わるといずれビワのような感じの実が生りますが、いつもチャンスを逸し私は食べた事がありません。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2021年03月03日 07:56
おはようございます。

「フトモモ」、初めての感じです。
太桃でしょうか?(笑)

見事な花ですね。実がなるとは!しかも食べられる!!
ぜひ実も、アップ願います。
屋久島ジージ
2021年03月03日 09:23
フトモモはモモとは付いていますが桃の仲間ではありません。
フトモモ科の植物で果実はバラの香りがすることからローズアップルと呼ばれるそうです。
見た目はビワの様ですがあまり甘くはないとのことです。