アサギマダラの姿



1000km以上も移動する蝶々の一種であるアサギマダラ、屋久島ではほぼ1年中見られます。たまに冬でもその姿を見かけますから、屋久島で越冬するアサギマダラもいるのでしょう。
暖かかったこの日、東側の空き地でアサギマダラの姿を確認しました。
斜面に生えているツワブキの葉の周囲をふわふわと浮遊しているアサギマダラの姿を捉えました、
IMG_9430.jpg



しばらく眺めていたらもう花が枯れているヒヨドリバナ?に止まりました。枯れた花でも蜜は吸えるのでしょうか(笑)
左側面からの姿です。
IMG_9425.jpg



真後ろに回って撮りました。お行儀よくきっちりと翅を閉じています。
IMG_9426.jpg



今度は右側面からの姿です。
IMG_9427.jpg


アサギマダラは遠く東北から南下し屋久島まで到達することもあるとか。この美しい翅のどこにそんな力が含まれているのでしょうか、不思議ですね。
ちなみに今回見つけたアサギマダラにはマーキングの痕跡は認められませんでしたから、まだ人に捕まったことは無さそうです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2021年04月15日 07:18
おはようございます。

アサギマダラ----憧れのチョウでもあります(笑)
年中見ることができる、さすが屋久島ですね。

観察者にとっても、いい場所でしょう。
屋久島ジージ
2021年04月15日 14:10
屋久島でも福島から飛んできたアサギマダラが確認されたことがあるようですよ、行き当たりばったりさん。
たぶん1,000kmはあるでしょうかね。そのスタミナには敬服します(笑)