苔玉を自然に返す



3年間苔玉として楽しんできたのですが、だんだん苔の色が黒っぽくなり苔が死んだような状態になりました。
そこでこの苔に包まれて育ってきた小さな木を自然の中に移植することにしました。はじめは庭に植えようと思ったのですが、この木はアコウ(赤榕)なので将来はとてつもなく大きく成長するはずです。家の近くに植えるとその伸びた根で家が傾いてしまうことがあると聞いたことがあります。
そこで、家の前の空き地に植えることに決めました。
あまりにも小さくて見つけられなくなるといけないので棒を立てて目印にしました。
IMG_9410.jpg



雑草を少しだけどかして土に穴を開けそこに植えました。
IMG_9411.jpg
IMG_9414.jpg



苔玉の時はこんな状態でした。
IMG_8887.jpg



それを直に土に植えるとこんな状態です。葉っぱは元気そうなのでこのまま育つと思います。
IMG_9412.jpg
IMG_9413.jpg


アコウの木は屋久島南部では多く見られます。大きな木は各集落のシンボルツリーになっていることが多く集落ごとに大切にされています。ただ高さが15m~20mにもなりその根は50m以上も伸びるとのこと、この空き地から我が家までは30mほどです。大丈夫かな?でもそんなに大きくなるには何十年もかかるはず。後期高齢者である私たち夫婦がそこまで長生きは出来ないでしょう(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2021年04月13日 07:53
おはようございます。

苔玉を自然に----適切ですね。
アコウが大きく育つとは、すごいです。
ぜひ、大きくなるまで元気でいてください(笑)

苔を常にみずみずしい状態に保つのは、すごい大変ですよね。
ちょっと油断すると、カラカラになって。
植木鉢で、何度も枯らす経験をしています(笑)
屋久島ジージ
2021年04月13日 09:47
アコウは本当に巨大に生る木です。近くにある他の木を巻き付けて殺すほどの成長力もあり別名「絞め殺しの木」とも呼ばれるとか。
でもこのアコウがそこまで大きくなる頃、私がこの世にいるなんて考えられませんよ、行き当たりばったりさん(笑)