海中温泉に日除け棚を設置

平内海中温泉にこのたび海中温泉同好会の手により、5月22日に新しく日除けの棚が設置された。これから夏に向かい日差しが強くなり、温泉に入っていても日焼けしてしまうのを少しでも日陰を作ることにより避けるためと、強い日差しによりもともと熱い温泉がもっと熱くなってしまうのを防ぐためである。
画像




実は今まであった日除け棚が台風2号の影響で壊されてしまったので、今回新しく造りなおすことになったわけです。今までは、竹の柱だったのですが、今度は鉄パイプを使った強固な柱にしました。
えっ、どう見ても柱は竹に見えるって?
そうなんです、鉄パイプ丸出しだと折角の海中温泉の自然情緒が無くなってしまうという事で、鉄パイプの周りを竹で覆い、情感を持たせたのです。まあ、鉄パイプに化粧をほどこしたということです(^^)
画像




これは、屋根になるヨシズを取り付けているところです。
画像





出来上がりました。
上から見ると、
画像


下から見ると、涼しげです。
画像





鉄パイプは我が家のパッション棚で使われているものと同じものです。パイプ同士の連結はご覧のようなクランプと呼ばれる手錠のようなもので固定しますから、ガッチリしていて壊れることはありません。これで、少々の風や波にも持ちこたえられるでしょう。
画像





お陰で、ご覧のように温泉が日陰になり入りやすくなりました。
画像





この日はこのほか、一番下の温泉(最初に波が入ってくる浴槽)にきれいな玉砂利を敷きました。湯泊の海岸まで行って採取してきたもので、重たい袋を10袋も運びました。
このことにより、浴槽のそこが平らになり、足が滑らずに危険防止になります。写真億の浴槽に敷き詰めた玉砂利がお湯の中に見えています。
画像





こうして平内海中温泉は夏への準備が整いました。みなさん、屋久島にお越しの節はぜひ入りに来てくださいね。
画像







"海中温泉に日除け棚を設置" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント